各種OS向けに提供されている人気のLINEアプリ、Windows8.1だとやや使い勝手が悪いので使い方の説明とトーク画面の使い方などを調べました。軽量でお勧めなのですが機能が限定されてしまいます。

まずパソコン版LINEの使い勝手ですがなれないと少し戸惑います。またトークの履歴を見るのにマウスのスクロールしか履歴を見ることができず、慣れたPgUPキーやPgDnキーや上下矢印キーはトークページでは使えません。代わりにメニューが切り替わる仕様になっています。

Lineアプリ操作方法ショートカット

Windows8/8.1用のLINEはWindowsストアよりダウンロードしてインストール頂けます。WindowsストアのLINEダウンロードページ。セットアップは簡単なのですがスマートフォンのアカウントを引き継ぎしている場合は、スマートフォンで使っているLINEアプリにメールアドレスとパスワードを登録していなければ引き継ぎできないので、手元にスマートフォンがある状態でセットアップしてください。パソコン版アプリがインストール出来たら認証コード4桁の番号が出ますので、スマートフォンのLineアプリを起動して、パソコン側で表示された4桁の認証コードを入力ください。そうすれば利用できるようになります。

Windows8.1のLINEアプリ

Windows8.1版のLINE使えない機能

ご利用いただく前にまず注意頂きたい点があります。それは8.1用アプリ版LINEには使えない機能があります。それは無料通話機能と登録したIDユーザーのホームページを閲覧する機能がありません。またメッセージが読まれたのかどうか「既読」なのかどうか示すサービスがありません。なのでアプリ版入れるよりも通常のPC版ソフトのLINEを入れた方が現状無難です。またスタンプ購入機能はあるのですがLineのホームページからログインして購入という若干面倒な手順が必要になります。Lineストアより購入可能。

PC版のダウンロードはhttp://line.me/ja/downloadを開いて頂いて、左下のPC「Windwos」のDownloadをクリックまたはタップして頂ければPC版をインストールして利用いただけます。どうしてもアプリではないといけないマウスやキーボードがないタブレット版の方はアプリで我慢していただく必要があります。タブレットでもUSBインターフェースにキーボードとマウスを繋げば同様にPC版を使えるようになると思いますが機動力が失われるのでどちらがいいのかはユーザー判断と言うことでお願いいたします。

PC版LINEダウンロードの場所

続きを読む