かげまるブログ

パソコンとPS3とPSPそれに任天堂DSにWiiのフリーで使えるソフトご紹介予定のブログ

動画編集変換

無料のDVDメーカーで手軽に作れるDVDの作り方の説明

ホームビデオカメラで撮影した動画を、Windowsパソコンを使ってDVDで再生できるようにDVDを作る方法の説明です。

Windowsパソコンには無料でホームビデオカメラで撮影した動画データを編集出来る「ムービーメーカー」とDVDを簡単に作る事が出来る「Windows DVD メーカー」を無料で使うことが出来ます。

もし「ムービーメーカー」と「Windows DVD メーカー」がパソコンに入ってなければ以下のURLから「今すぐダウンロード」をクリックしてセットアップして下さい。そうすれば利用する事が出来るようになります。

ホームビデオカメラのデータをWMVフォーマットに変換

ソニーハンディカム、GoPro、パナソニックやビクターそれにキャノンのビデオカメラで撮影した動画データをパソコンに取り込んで、ムービーメーカーを使って「WMV」ファイルとして保存しておいて下さい。

理由は無料で使えるDVDメーカーの対応動画フォーマット形式が限られている為です。特にm2tsやmts、mp4(MPEG4)が主なホームビデオで使うフォーマットなのでそのままではDVDメーカーでDVDを作る事が出来ない為。

WMV保存方法

ムービーメーカーの使い方を参考に、DVDに作りたり動画データーをムービーメーカーにマウントします。

一応不必要なシーンも合わせてカット編集しておいても大丈夫です。保存するときに(1080p高解像度で構わないのですが長時間の映像なら4.7GBに収まるように解像度を小さくして保存する手法もあります)、下図のファイルの種類から「Windows Media ビデオファイル(*.wmv)」を選んで保存して下さい。そうする事でDVDメーカーで手軽にDVDを作る事が出来るようになります。

dvdtukurikata2015005

DVDを作る機能を搭載しているかを確認する

DVDを作る前に注意点。概ねDVD書き込み対応DVDマルチドライブがデスクトップタイプとノートタイプに標準装備されているはずなのですが、中にはROM(読み込み)専用モデルもあったり、一部のノートパソコンでは光ディスクデバイスが省かれているモデルがあります。

なのでDVD作成対応ドライブがパソコンに搭載されているかをまず確認して下さい。

手順、マイコンピュータを開きます。

マイコンピューター

マイコンピューターを開いたら、図の様に「DVD RW ドライブ」と言う表示があれば、パソコンでDVDを作る事が出来ます。

dvdtukurikata2015002

もしCDやDVDドライブと言う表示しか無い、もしくはその様なドライブが見当たらない場合は、USB接続タイプで良いのDVDマルチドライブを別途ご用意下さい。バッファローのポータブルDVDドライブが安くておすすめだと思います。

DVDブランクメディアを用意する

ヨドバシカメラやジョーシン電機それにエディオンやヤマダ電機にも売っているので各自DVDブランクメディアをご用意下さい。メーカーは何処でも良いです。TDKやマクセルもしくは太陽誘電等何処でも良い。ただし必ず「RVR-R」ブランクメディアにして下さい。DVD+Rや再利用可能なRWは再生出来ないプレーヤーが存在する可能性もあるので。

dvdtukurikata2015003

ブランクメディアをDVDドライブにセットする

ブランクメディア(DVD -R)等をDVDドライブにセットすると以下の画面が出ますが、何もしなくていいです「X」をクリックして閉じて下さい。

dvdtukurikata2015006

DVDメーカーを起動してDVDに作りたい動画をセットする

スタートボタンから「すべてのプログラム」を開いて「Windows DVD メーカー」を起動します。

dvdtukurikata2015007

DVDメーカーが起動したら「項目の追加」をクリックします。

dvdtukurikata2015008

DVDに作りたい動画データを選択する画面なのですが、右下のフォーマット種別をビデオファイルに変更して下さい。

dvdtukurikata20150010

作っておいたwmvフォーマット動画データをクリックして選択して「追加」。

dvdtukurikata20150011

この様にDVDに作りたい動画を選択できたら準備完了なのですが、4.7GB未満までなら幾らでも動画ファイルを項目追加からDVDに作る事が出来るので、追加したい動画があれば「項目の追加」から動画データを選択して追加してください。

dvdtukurikata20150012

準備ができたら、念の為次の事を確認して下さい。「オプション」を開きます。

オプションが開いたらDVDの縦横比が4:3の場合は必ず16:9へチェック変更して下さい。他は変更不要です。変更したらOKで閉じます。

dvdtukurikata20150013

DVD作成開始

準備ができたらDVD作成開始です。タイトルの所は任意の文字に変更して下さい。変更したら「次へ」

dvdtukurikata20150015

DVDの再生時のタイトルメニューを変更できます。右側のバーを動かして好みのタイトルメニューデザインをクリックして変更し、決まったら「書き込み」ボタンをクリック。

dvdtukurikata20150016

画面右下に進行状況が表示されます。注意事項、DVDを作っている時にパソコンに負荷(ビデオを見たり音楽を視聴するとバッファアンダーランとなりDVD書き込み失敗となる恐れがある為)がかからないようにしてください。ましてや電源を消すのも駄目です。そのままにしてください。

エンコード中が100%となればDVDの完成です。DVDプレーヤーで再生出来るかをご確認下さい。

dvdtukurikata20150017

尚、DVD完成時に表示される画面ですが、同じDVDを複数枚作る場合は「このDVDの別のコピーを作成する」をクリックして、ブランクメディアに追加DVDを作成する事が出来ます。不必要であれば「閉じる」を選んで作業完了です。

dvdtukurikata20150018

iOS用無料ピクチャーインピクチャー二画面動画作成アプリの使い方

私がYOUTUBE上にアップしている動画で2つの動画を使って一つは小さい動画にして二画面にしている動画について「どうやって二画面にするのか?」についてよくご質問を頂きます。私は有料のロイロスコープ2を使って編集しているのですが、iPhoneかiPod Touchがあれば二画面の動画をとても手軽に作れる無料アプリがありますので二画面動画作ってみたい方はお勧めです。

備考、無料版ですので利用できる機能に制限があり、アップした動画にアプリ制作会社の広告が入ります。有料版なら広告は入らないですし最大3分までの動画を5分までの動画を作成する事が出来ますし制限なく動画編集を行うことが可能となります。

アプリ名はvideo in videoです。アプリ内で課金されるサービスがあると言うことなので自己責任でご利用下さい。課金されるサービスはインターネットへつなぎに行こうとするのでこのアプリを利用する時は3G通信を切るかWi-Fiを切って利用すると良いと思います。

video in videoで作成した動画のサンプルです。

続きを読む

Widnows8 ムービー メーカー 2012の使い方

Windows8にも無料で使える動画編集ツール、ムービーメーカー2012の提供があります。Windows7同様に以下のリンク先からWindows Essentialツールと一緒にセットアップを完了して頂ければ、動画のカットや結合、音声の入れ替え、動画の飾り付けが可能となります。

編集可能動画フォーマットは、mts / m2ts / mpeg2 / mp4 / mov / 3gpp / 3gpp2 。

出力対応フォーマットは、mp4 / wmv / m4aとwmaは音声のみ出力フォーマットとなります。

  • ムービー メーカーを入手する(Windows8右側のダウンロードよりWindows Essentialセットアップツールを取得下さい。Windows7の方も同セットアッププログラムで2012へアップグレード出来ます。)

Windows Essential

ダウンロードするファイルは"wlsetup-web.exe"です。これをダウンロードしたらダブルクリックしてセットアップを完了して下さい。オプション変更メニューはそのまま(デフォルト)の状態で大丈夫です。セットアップしてみてムービーメーカーとは異なる文言が出るとはと思いますが、気になる方は下記を参照下さい。

Windows Essentialって?マイクロソフト提供の写真や動画それにメールソフトを別途無料提供するサービス名で独占禁止法を回避するために用いられた、マルチメディアコンテンツ提供無料のオプションサービスの総称となります。この中にムービーメーカー2012も一緒に入ってますのでEssentialをセットアップすることによりムービーメーカーをWindows8で使えるようにすることが可能となります。

wlsetup-web.exeを実行した時のインストールオプションに付いてですが、図と同じ”Windows Essentialすべてインストール(推奨)”を選んで頂ければ後は自動的にセットアップが完了します。

Windows Essentialインストール画面

ムービーメーカー2012の起動

Windows Essentialのセットアップを完了できたら、Windows8トップ画面の何処でも良いので右クリックして下さい。図の様に全てのアプリと言うアイコンがあるのでクリックします。

Windows8全てのアプリ

既存Windowsの全てのプログラムと同じ、セットアップ済のアプリケーション一覧が表示されるので、そのなかから、図と同じようにMove Makerアイコンをクリックすると起動して使えるようになります。

ムービーメーカーの起動

続きを読む

AviSynth、WMNicEncを使い二画面合成動画PIP動画の作り方

YOUTUBEにアップした動画で、2つの動画を一つに合成してアップした際に、よくご質問を頂くので、Windows限定ではありますが簡単に二画面合成の動画を無料で作れる手順に付いて説明します。

ちなみに私が使っている2画面合成編集ソフトはロイロスコープ2です。今から紹介するツールはエンコード処理負荷が高くなるのでもしかしたら大きなデータの動画の合成がうまくできない場合もありますのでご了承願います。

流れ的にはAviSynthと言う動画編集コードを使って2画面合成動画を作成する手順です。ユーザーインターフェース使わず、手動で動画編集コードを使ってと言う形になるのですが、予め用意された4種類の2画面編集コードを用いて、WMNicEncエンコードツールを使って、2つのwmvフォーマット動画を一つの動画として簡単に合成することが可能です。但し、wmvフォーマットですので、家庭用ビデオで撮影した動画を一旦ムービーメーカーで必要であれば編集及び無音に切り替えて頂いて、wmvフォーマットで出力して頂く必要があります。ムービーメーカーもWindowsユーザーなら無料でご用意可能です。

用意するもの

  1. ムービーメーカー(XP用途VISTA・7それに8対応別で取得下さい。)
  2. AviSynth(2.5x/2.60何れでも構いません。ご利用OS32bit/64bit別注意)
  3. ベーシックPIP(二画面書き込みコード4つ、好きな埋め込み方向のコードを使ってWMNicEncで合成動画を作ります。)
  4. WMNicEncエンコードツール(WM9/VC-1 codecs必要)
  5. Windows Media エンコーダ 9(マイクロソフトメディアプレーヤー11セットアップなら利用可能です。WidowsVISTA以上は不要です。)

Windows Media エンコーダ 9又はメディアプレーヤー11はインストール済とします。Windows7と8は予めセットアップ完了しているので基本的にセットアップする必要はありません。使える状態にしておいて下さい。

続きを読む

動画変換無料ソフト Free CUDA Video Converter

nVIDIAのCUDAアーキテクチャに特化した、フリーの動画データフォーマット変換ソフトです。主にGeForceやQUADROグラフィックカードを搭載しているパソコンなら、巨大な動画データも瞬時にフォーマット変換することが出来ます。RadeonやCPU統合のGPU機能しかないパソコンはCPU依存ですが利用は可能です。

自分で撮影したビデオを作る、YOUTUBEやニコニコ動画にアップロード対応する動画フォーマットへの変換、PSPやスマートフォンで再生出来る動画サイズとフォーマットへの変更などを簡単に行えます。もちろん日本語メニューで使い勝手も良いです。

備考、無料版は次のフォーマット変換(出力)にのみ対応との事。MPEG4 / iRiver / AVI / MKV / 3Gpp2 / MOV

変換元動画形式には、一般的な動画フォーマット、mts / m2ts / mpeg / avi 等は問題なくマウントして編集変換が可能です。ただ、CPU依存させた場合MPEG4だと動画が崩れる可能性もあるかもしれません。

その他、動画の切り取りの編集や、動画のオリジナル字幕の追加やサイズそれに効果演出も行えます。GPU依存度が高いので、一般的なパソコンだと重たいと思いますが、GeForceを搭載しているならサクサク操作可能です。

続きを読む

編集ツールも付属のフォーマット変換ツール FormatFactory

マルチメディアデータ総合の簡単フォーマット変換ソフトのフォーマットファクトリーです。動画を含めて、音楽、画像データのフォーマットを手軽に指定のフォーマットに変更することが出来ます。

使い方や用途は、例えば携帯電話で撮影した動画をYOUTUBEへアップロードして公開したら、1分の動画なのに数秒で終了してしまう不具合が生じる場合3GPフォーマットからMP4やMPEGフォーマットへ変換してアップロードしてみる対策等(動画フォーマット変更でYOUTUBE側で正しく動画公開させることが出来るかもしれません。)。家庭用ビデオカメラで撮影したm2tsやmtsフォーマットの動画を、スマートフォンやPSPそれにタブレットでも見たい場合、mpeg2へ変換して見ることを可能にしたり出来ます。また手軽な動画をカット出来るサービスも付属するのでとても便利です。

ただ難点といたしましては、CPUへ処理を依存するのでかなりの負荷がパソコンにかかります。時間はかかりましたが、250MB程のmtsフォーマットをMP4へ変換させてみたのですが問題なくフォーマット変換出来ました。無料ソフトなので自己責任でご利用頂く形になります。ダウンロードはcnetdownloadページから取得できます。ダウンロードしたらZIP形式で圧縮されているので、解凍してから、FFSetupを実行してインストール完了したらすぐに使えるようになります。

続きを読む

ハンディカム付属の無料ソフトPlayMemories HOMEで動画を編集

ソニーのハンディカムやサイバーショットを購入すると、無料で付属している動画管理編集ソフトPlayMemories HOMEで動画を編集する手順の説明です。

旧バージョンPMBからも更新を適用すれば同ソフトを利用することが可能です。PMBをアップデート

PlayMemories HOMEの特徴。基本的には動画の管理が主な使い道となりますが、ビデオで撮影したデータをDVD化(パソコン側でDVD書き込み提供機能がある場合のみ)、サイバーショットで撮影した写真を簡単プリントアウト、PlayMemoriesオンラインサービス上で動画写真データのクラウド管理サービス(登録が必要)を利用することが可能です。

その他の特徴に、動画のカット、動画の結合、動画フォーマットをMPEG2/WMVに変換することが可能です。このフォーマット変換機能は結構使うので重宝すると思います。

続きを読む

動画エディタで動画をカットする方法

YOTUBE上で無料で使える動画編集ウェブウェア、動画エディタで動画をカットする手順の説明です。備考、カットできるのは開始場所から終了場所までです。中間をカットするサービスはありません。

もしも中間のものと後半のものをくっつけたい場合等は、必要な場所だけカット作業を二回行い、新規に作成された2つの動画を、このエディタでまたくっつけて公開と言う手順となります。

それではまず動画の管理メニューを開いてエディタを開いて下さい。無料動画編集サービスの使い方

エディタを開いたら、カットしたい動画を下の黒い破線の場所までクリックしたまま(ドラッグ)移動させます。準備が出来たら、図の赤い場所の左右の端っこをクリックしたまま動かして、必要な部分をカットすることが出来ます。

動画のカットバー

続きを読む

無料動画編集サービスの使い方

Windows又はMACもしくはUBUNTU等のパソコンのブラウザで、新規とはなりますが動画を編集して公開出来る動画エディタ(動画編集ウェブウェア)の使い方の説明です。PS3やPSPそれにスマートフォンのブラウザは非対応です。PS3の方はソニーストアから無料の動画編集コンテンツをダウンロードして編集可能です。

例えばこんな使い方が可能です。携帯電話やスマートフォンでは編集やつなぎあわせをしたい動画を、取り敢えずYOTUBEへ全て非公開でアップロードして、アップロードしたそれぞれの動画をWEB上でカット、つなぎあわせ等の編集を行い、それを新規公開すると言う事が出来ます。

以前紹介した公開済動画編集エディタのものとはまた別のサービスになります。

編集元動画は何も影響を受けることはありません。後で削除するのかそのまましておくかはユーザー判断でお願い致します。

動画エディタ

続きを読む

YOUTUBEですでに公開済の動画を編集する方法

YOUTUBE上にはウェブウェアと言う無料の動画編集ツールが用意されていまして、ひとつは新規に動画を編集結合してアップできる動画エディタと、もうひとつは動画の管理からすでに公開されている動画を編集できる動画加工ツールが用意されています。動画の管理メニューを開き、編集したい動画の編集ボタンから上メニューの動画加工ツールを選ぶと編集作業が可能です。

動画加工ツール

この動画加工ツールを使えば、公開してから何か手を加えたいシーン、カットしたいシーンがあれば、公開している動画URLはそのままに編集することが出来ます。動画加工ツールで公開済動画を編集できる内容は以下の通りです。備考、新たな動画データを追加してそれをくっつける等の作業はできません。あくまでも公開済データの範囲内になります。またパソコンからしか作業できません。PS3はFlashプラグイン相性問題が生じて使うことができません、スマートフォンもブラウザ非対応です。

続きを読む
記事検索

注意事項、私物の市販デジタルメディアでも基本的にパソコンに保存できなくなりましたので取り扱いにはご注意下さい。詳しくは文化庁著作権ページを御覧ください。

メニュー

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーソフトブログ人気ランキング
QRコード
QRコード
ブログパーツ
  • ライブドアブログ