かげまるブログ

パソコンとPS3とPSPそれに任天堂DSにWiiのフリーで使えるソフトご紹介予定のブログ

Windows

ウェスタンデジタルHDDを買うと無料でハードディスク引っ越しツールアクロニスが使えます

ウェスタンデジタル(Western Digital)のハードディスクを買うともれなくハードディスクコピーツール無料のAcronisをダウンロードしてシステムのハードディスクをミラーリングする事が出来ます。用途としましては例えば今使っているハードディスクの全体の容量が500GBと小さいのでハードディスクの容量を大きくしたい場合、ウェスタンデジタルの内蔵3.5インチハードディスク容量1TBを購入しAcronisをダウンロードして買ってきた内蔵1TBのハードディスクをパソコンにS-ATA接続またはUSB接続してシステムをミラーリング(コピー)してそのHDDをプライマリー側に接続すれば1TBのシステムとして運用する事が出来るようになります。ミラーリング元(コピー元)のHDDはバックアップ用途して大切に保管しておくのも良いですしセカンダリードライブとしてパソコンと繋いで拡張用ハードディスクとして利用する事も出来ます。

ウェスタンデジタルの内蔵HDD

無料のAcronisを利用するには、ミラーリング先(データー引っ越し先)のハードディスクが必ずウェスタン・デジタル製品のハードディスクである事が条件です。例えばコピー元のハードディスクが日立やSeagateや東芝であっても、コピー先(データー引越し先)のハードディスクがウェスタンデジタルのハードディスクなら無料Acronisを使えます。その逆は使えません。

これが無料Acronisです。システムコピーツールは通常CDまたはDVDからBootして使うイメージが強いですが、Acronisはシステムコピー元を起動したままでも利用可能です。

ウェスタンデジタル提供の無料Acronis

無料Acronisダウンロードリンクは以下のURLから取得できます。だれでもダウンロードは可能ですが利用するにはウェスタンデジタルのハードディスクでは無いと動きませんので念の為。対応OSはXPとVISTAと7と8/8.1です。ウェスタンデジタル側では購入した内装HDDモデル別でAcronisをダウンロードするようにとアナウンスはあるものの、私はREDタイプのHDDからダウンロードしたAcronisを使ってBLUEタイプのHDDに移行ツールを使い特に問題なくシステムを引っ越し出来ましたので特にグリーンのHDDだからここからダウンロードしなければならないことはありません。まず以下のページを開いてSATA&SASメニューを開き購入したHDDのタイプのリンクを開くとダウンロードリンクがあるのでそちらの方からダウンロード出来ます。

ウェスタンデジタルAcronisダウンロードリンク

直リンクを開いて頂くと次のページが出ます。右上に「Download」ボタンがあるのでそちらの方からAcronisセットアップツールをダウンロードできます。一応パソコンウイルスが入ってないかVirusTotalで検査しましたが問題は無かったです。心配なら再検査すると良いと思います。インストール方法はとても簡単なので説明は省きます。

ウェスタンデジタルAcronisDownloadボタン

続きを読む

Windows8.1のLINEアプリの使い方 ファイルのアップロードやトークの保存方法の説明

各種OS向けに提供されている人気のLINEアプリ、Windows8.1だとやや使い勝手が悪いので使い方の説明とトーク画面の使い方などを調べました。軽量でお勧めなのですが機能が限定されてしまいます。

まずパソコン版LINEの使い勝手ですがなれないと少し戸惑います。またトークの履歴を見るのにマウスのスクロールしか履歴を見ることができず、慣れたPgUPキーやPgDnキーや上下矢印キーはトークページでは使えません。代わりにメニューが切り替わる仕様になっています。

Lineアプリ操作方法ショートカット

Windows8/8.1用のLINEはWindowsストアよりダウンロードしてインストール頂けます。WindowsストアのLINEダウンロードページ。セットアップは簡単なのですがスマートフォンのアカウントを引き継ぎしている場合は、スマートフォンで使っているLINEアプリにメールアドレスとパスワードを登録していなければ引き継ぎできないので、手元にスマートフォンがある状態でセットアップしてください。パソコン版アプリがインストール出来たら認証コード4桁の番号が出ますので、スマートフォンのLineアプリを起動して、パソコン側で表示された4桁の認証コードを入力ください。そうすれば利用できるようになります。

Windows8.1のLINEアプリ

Windows8.1版のLINE使えない機能

ご利用いただく前にまず注意頂きたい点があります。それは8.1用アプリ版LINEには使えない機能があります。それは無料通話機能と登録したIDユーザーのホームページを閲覧する機能がありません。またメッセージが読まれたのかどうか「既読」なのかどうか示すサービスがありません。なのでアプリ版入れるよりも通常のPC版ソフトのLINEを入れた方が現状無難です。またスタンプ購入機能はあるのですがLineのホームページからログインして購入という若干面倒な手順が必要になります。Lineストアより購入可能。

PC版のダウンロードはhttp://line.me/ja/downloadを開いて頂いて、左下のPC「Windwos」のDownloadをクリックまたはタップして頂ければPC版をインストールして利用いただけます。どうしてもアプリではないといけないマウスやキーボードがないタブレット版の方はアプリで我慢していただく必要があります。タブレットでもUSBインターフェースにキーボードとマウスを繋げば同様にPC版を使えるようになると思いますが機動力が失われるのでどちらがいいのかはユーザー判断と言うことでお願いいたします。

PC版LINEダウンロードの場所

続きを読む

ビデオカード増設時にオンボードビデオをDisable(無効)にする方法

ビデオ編集を高速化させたいもしくは人気のオンラインゲームを動かすためにnVIDIAのGeForceや旧ATI / AMDのRadeonビデオカードをPCI-Express拡張バスに増設したがパソコンの映像が出てこない等のトラブルの対処方法の説明です。

ビデオカード

まずビデオカードですが余り高性能な商品だとパソコンの電源容量不足で映像が出ないこともありますのでご利用のパソコンの電源容量がスペックを満たしているかをご確認下さい。例えばTITANビデオカードはこれ一枚で375Wも電力を必要としnVIDIA公式説明では最低700Wの電源が必要となると説明があります。

パソコンの電源てパワーアップできますか?WindowsパソコンはATX規格ですので電源だけ交換する事が出来ます。例えばOwltech玄人志向の電源等を参照下さい。但し、省スペースケースやMINI-ITX規格のものはATX電源は入りませんしビデオカードも増設出来ない事もあります。増設出来たとしてもロープロファイル対応の製品で無ければならない場合があります。

ロープロファイルはプラケットアダプタが短いものに交換できる製品の事です。カードの基板も細くて短い

ロープロファイル拡張カード

続きを読む

XPを使い続けても大丈夫ですか?全く問題はありません

マイクロソフト側でWindowsXPのサポートを終了の件に伴い、会社や事務所で使っているWindowsXPはもう使えないのか?もしくはこのまま使っていても大丈夫なのか?と沢山お問い合わせを頂きます。

基本的に自己責任ならXPを壊れるまで使って頂いて大丈夫です。すべてのWindows機はPC/AT互換機ですので、仮に動くならWindowsMEを使っても全く問題はありません。またマイクロソフト側でも使わないでくださいと一言も言ってません。

パソコンウイルス対策やデータの情報漏えい問題はどうするのか?その辺は新機種のWindows8.1でも同じで最新OSだからパソコンウイルスの心配が無い情報漏洩の心配が無いと言うことはありません。

一番の問題点はワイドエリアネットワーク(WANと言うのですが一般的にインターネットとも言います。)に端末をつなぎっぱなしにしている事が一番の問題であって、仮にパソコンウイルスに感染したパソコンをワイドエリアネットワークに繋いでいない状態で使ったとしてもいったいなにがどうなる事もなくちょっと重たいなと思う程度でデータの閲覧参照編集保存は可能だと思います。データの持ち出しはちょっと怖いですが基本的にパソコンウイルスに感染したからと言ってもネットワークから切り離していれば何も起こることはありえないのです。

要点的には大切なデータはワイドエリアネットワークとは切り離した場所に二重化保存(簡単なところではLAN型ハードディスクNAS(資料はバッファローです)等)し、NETBIOSをブロードバンドルータを使ってワイドエリアネットワークから遮蔽。NASに簡易パスワードとユーザー毎の権限を設定しNASに大切なデータ資産を保存するようにする。これで大切なデータ資産に対する大方のリスクは低減すると思います。またNASならそう簡単にパスを特定される事もありませんのでウイルス感染被害からNAS本体は免れる確率は非常に高いです。

XPでも7でも8.1でもパソコンの調子が悪くなると初期化する事が大抵ある事を忘れてはならない。あえて言うならWindows98の時代でのデスクワークでは常にバックアップとの戦いであった事を思い出して欲しい次第です。

続きを読む

インターネットエクスプローラーの代わりのブラウザと脆弱対策ソフト

インターネット・エクスプローラーに欠陥があるとしてアメリカ米国土安全保障省が通称IEを使わないよう警告している事に付きましてその対策となる代わりのブラウザのご案内と脆弱対策ソフトを紹介します。ソース「Microsoft Internet Explorer Use-After-Free Vulnerability Guidance

IEの代わりとなるブラウザ

そもそもブラウザって何?簡単に言うとブラウザソフトはhtmlコードで書かれたデータを見るソフトです。htmlコードの中に不正な命令コードをIEだと間違えてコンピュータ上で動いてしまってパソコンをクラックされてしまう事になると言うのが今回の脆弱とされる部分なのですが。IEさえ使わなければ大丈夫なのかと言うと実はそうでもなかったりしますので念の為。XPでは管理者権限を変えれば特に問題なくそのまま使えますが無料ソフト等は使わないほうが望ましいです。XPセキュリティ対策 ユーザー権限の変更

IE代替ブラウザお勧めその1 Google提供のChrome使い方

シンプル過ぎてIEからの乗り換えは最初戸惑うかもしれないのですが使い慣れればすごく便利です。

Chrome

かつてのNetScapeです。フリー版では老舗ブラウザとなるFire Fox使い方

Fire Fox

こちらも老舗フリーブラウザですOpera。使い方はヘルプのよくある質問でお調べ頂けると思います。

opera

MACPC標準搭載、iPhoneでもおなじみのSafari。使い方はアップル公式のヘルプを参照。

Safari

脆弱対策

ブラウザから不正にパソコンへのシステム改変を防止するには、ブラウザからシステムにアクセス出来なくすれば良いだけの事なので仮想化ツールやサンドボックスツールを使って対策すると効果的です。

有名所ではRETURNIL。導入が簡単でこれを有効にしていればパソコン上の操作はパソコンを再起動すると無かったことになります。ただRETURNILで仮想化を発動していると編集データもクリア(無かったことになる)されるので業務(個人向け無料で利用可能です)では不向きな側面も持ちます。使い方はRETURNIL 窓の杜を御覧ください。とても簡単です。

Sandboxieこれは昔は有料版しかなかったですし私が確認した際は適用できるブラウザに制限があったようにも思われます。SandBoxieの簡単な使い方を参考にお役立て出来るのなら自己責任で導入ください。一番確実なのはRETURNILが一番安全性に付きましては確実な保護を提供できると思います。

リモートアシスタンスWindows7/8を遠く離れた場所から遠隔操作ヘルプアプリの使い方

遠く離れたご家族のパソコンや知人友人のパソコンを自宅のWindows7又は8/8.1を使って簡単に遠隔操作(リモート操作)して助けて上げる事が出来るアプリの使い方の説明です。これを使えば例えばMinecraftのMODを入れられず困っているご友人を助けてあげたり、パソコンの操作がちょっと良くわからないので教えて欲しいと言うご両親ご家族のパソコンの設定を手助けしてあげる事が出来ます。必要な物は招待ファイルを受け取る事が出来るメールサービスが必要になります。GmailやHOTMAILでも構いません。

説明の前に、本当ならこちらのteamviewerと言う商用利用以外のリモートツールの方が手軽です。複雑化してしまったインターネット環境やパソコンウイルス対策ソフトのご動作によりteamviewerが全く繋がらない場合リモートアシスタンスでリモート操作頂くと良いと思います。

招待ファイルの作成とパスワード

まず招待ファイルを作る手順とアクセス許可する際のパスワードの説明です。作成した招待ファイルと発行されたアクセス用パスワードを相手に送信する必要があります。また相手がアクセスしてくるときに接続許可をしないと相手が操作出来ないのでリモート操作ヘルプを受ける側はパソコンから離れては行けません。

まずリモートアシスタンスを起動するをご覧ください。

リモートアシスタンスを起動する

Windows8/8.1の方は画面右側の隅にマウスのカーソルを併せるかタップいただいてメニュー画面を表示し、検索をクリック又はタップして検索ボックスに”リモート"とだけ入力ださい。検索一覧少し下に"招待を送ってサポートを受けたり相手にサポートを提供する"ショートカットメニューが出ますのでそれをクリック又はタップでリモートアシスタンスウィザードを起動できます。

win8リモートアシスタンス

続きを読む

Windows8の新しいユーザーアカウントを作成と管理者権限の変更方法

Windowsは可能であればAdministratorと言う管理者権限で使わない方が望ましいのですが、何故か未だにその考えが浸透していません。理由は何らかのアプリケーションを開くと自動的にシステムが改変されてしまう脆弱を持ったままパソコンを使う形を取るべきでは無いからです。ここでは管理者で作ってしまったアカウント以外で新しく制限ユーザーを作ってそちらで利用するか、又はすでに他管理者権限で追加してしまったアカウントを制限ユーザーに変更する手順を説明します。

ユーザーアカウントを追加する

コントロールパネルを開き、右上のユーザーアカウントとファミリーセーフティーメニュの下にある"アカウントの種類の変更"を開きます。

アカウントの種類の変更

続きを読む

Windows8のユーザーログオフする方法

Widows8/8.1で複数ユーザーアカウントを作って使い分けるには、サインアウトするかログオフしてから別の使いたいユーザーアカウントでログイン又はサインインする必要があるのですが、従来のWindowsの様にスタートメニューからログオフメニューがありませんでは一体どこから作業するのかを説明させて頂きたいと思います。

ログオフ

デスクトップをよく使う場合のログアウトサインアウト方法

デスクトップ画面からも可能です、手順は左下メニュー右クリックして”ファイル名を指定して実行”を開きます。

ファイル名を指定して実行

ファイル名を指定して実行の画面に"logoff"と入力してEnterキー又はOKをクリックすればログオフしてユーザー選択サインイン又はログイン画面に切り替える事が出来ます。

ログオフ

タブレット画面場合のログアウトサインアウト方法

Windowsのタブレットタイプの画面上からサインアウト又はログオフする場合は右上のユーザーアイコンをクリックかタッチするとサインアウトメニューが表示されるのでそれをタッチ又はクリックで作業する事が可能です。他ユーザー名をタッチ又はクリックするとそのまま他ユーザーへ切り替えログインする事が可能です。

サインアウト

Windows8の仮想DVD/CDドライブの使い方

ご存知の方も多いと思うのですが、Windows8と8.1ではデフォルトで仮想DVD/CDドライブサービスを搭載するのでISOイメージファイルをデーモンツールやAlcohol等の仮想ドライブソフトを用意しなくても簡単に再生させる事ができるようになっていますのでそちらの使い方の説明です。

ISOファイルが無くてとりあえず実験したいとお考えの方は、UbuntuFedora等のイメージデータ(LinuxOSのBOOTディスクイメージです。)をダウンロードしてご用意いただければ仮想ドライブの実験を簡単に行うことが出来るのでダウンロードして用意しておいてください。

ISOファイルをそのまま仮想ドライブとして起動する方法

まずデスクトップ画面に切り替えます。

デスクトップ

エクスプローラーアイコンからパソコンのフォルダサービス一覧を開き、ISOファイルを保存しているフォルダを開きます。概ねダウンロードフォルダに入っていると思います。

2014iso003

続きを読む

シンプルで軽い無料パソコンウイルス対策ソフト Avira Free Antivirus

Avira Operations GmbH提供のWindows8.1ともなかなか相性が良い無料パソコンウイルス対策ソフトAvira Free Antivirusのインストールと使い方の説明です。

Aviraも一応老舗製品で確かカスペルスキー2005がリリースされている時点でフリー版でかなり有名だったと思います。2006年or2007年バージョンより飛躍的に検出率常駐保護能力がアップして、今では軽いパソコンウイルス対策ソフトの代名詞的な存在です。パソコンが重たいとお困りならこちらに乗り換えるのもお勧めかもしれません。

無料版はパソコンを保護する最低限の機能が提供されています。トラフィックとシステム内を常駐監視しWAN/LANからのウイルスそれにローカル内にあるウイルスを監視検出駆除してくれるサービスを提供してくれます。

Avira Free Antivirus入手先はVectorか窓の杜より入手頂けます。対応OSはWidnows8/Server 2012はもちろんXP/VISTA/XPの32bit/64bit版に対応。但し今は無いと思うのですが1GBメモリ異常必要との事。

2013年12月時点の情報ですがCnetDownloadの方ではAvira Free Antivirus 14(cnet)が配布されています。現時点では英語版のみの様子。

スマートフォン向け無料アンチウイルスもリリースされています。モバイルクライアントAndroidOSご利用の方は適用しておくと安心してインターネット利用する事ができると思います。

続きを読む
記事検索

注意事項、私物の市販デジタルメディアでも基本的にパソコンに保存できなくなりましたので取り扱いにはご注意下さい。詳しくは文化庁著作権ページを御覧ください。

メニュー

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーソフトブログ人気ランキング
QRコード
QRコード
ブログパーツ
  • ライブドアブログ