かげまるブログ

パソコンとPS3とPSPそれに任天堂DSにWiiのフリーで使えるソフトご紹介予定のブログ

2014年04月

インターネットエクスプローラーの代わりのブラウザと脆弱対策ソフト

インターネット・エクスプローラーに欠陥があるとしてアメリカ米国土安全保障省が通称IEを使わないよう警告している事に付きましてその対策となる代わりのブラウザのご案内と脆弱対策ソフトを紹介します。ソース「Microsoft Internet Explorer Use-After-Free Vulnerability Guidance

IEの代わりとなるブラウザ

そもそもブラウザって何?簡単に言うとブラウザソフトはhtmlコードで書かれたデータを見るソフトです。htmlコードの中に不正な命令コードをIEだと間違えてコンピュータ上で動いてしまってパソコンをクラックされてしまう事になると言うのが今回の脆弱とされる部分なのですが。IEさえ使わなければ大丈夫なのかと言うと実はそうでもなかったりしますので念の為。XPでは管理者権限を変えれば特に問題なくそのまま使えますが無料ソフト等は使わないほうが望ましいです。XPセキュリティ対策 ユーザー権限の変更

IE代替ブラウザお勧めその1 Google提供のChrome使い方

シンプル過ぎてIEからの乗り換えは最初戸惑うかもしれないのですが使い慣れればすごく便利です。

Chrome

かつてのNetScapeです。フリー版では老舗ブラウザとなるFire Fox使い方

Fire Fox

こちらも老舗フリーブラウザですOpera。使い方はヘルプのよくある質問でお調べ頂けると思います。

opera

MACPC標準搭載、iPhoneでもおなじみのSafari。使い方はアップル公式のヘルプを参照。

Safari

脆弱対策

ブラウザから不正にパソコンへのシステム改変を防止するには、ブラウザからシステムにアクセス出来なくすれば良いだけの事なので仮想化ツールやサンドボックスツールを使って対策すると効果的です。

有名所ではRETURNIL。導入が簡単でこれを有効にしていればパソコン上の操作はパソコンを再起動すると無かったことになります。ただRETURNILで仮想化を発動していると編集データもクリア(無かったことになる)されるので業務(個人向け無料で利用可能です)では不向きな側面も持ちます。使い方はRETURNIL 窓の杜を御覧ください。とても簡単です。

Sandboxieこれは昔は有料版しかなかったですし私が確認した際は適用できるブラウザに制限があったようにも思われます。SandBoxieの簡単な使い方を参考にお役立て出来るのなら自己責任で導入ください。一番確実なのはRETURNILが一番安全性に付きましては確実な保護を提供できると思います。

リモートアシスタンスWindows7/8を遠く離れた場所から遠隔操作ヘルプアプリの使い方

遠く離れたご家族のパソコンや知人友人のパソコンを自宅のWindows7又は8/8.1を使って簡単に遠隔操作(リモート操作)して助けて上げる事が出来るアプリの使い方の説明です。これを使えば例えばMinecraftのMODを入れられず困っているご友人を助けてあげたり、パソコンの操作がちょっと良くわからないので教えて欲しいと言うご両親ご家族のパソコンの設定を手助けしてあげる事が出来ます。必要な物は招待ファイルを受け取る事が出来るメールサービスが必要になります。GmailやHOTMAILでも構いません。

説明の前に、本当ならこちらのteamviewerと言う商用利用以外のリモートツールの方が手軽です。複雑化してしまったインターネット環境やパソコンウイルス対策ソフトのご動作によりteamviewerが全く繋がらない場合リモートアシスタンスでリモート操作頂くと良いと思います。

招待ファイルの作成とパスワード

まず招待ファイルを作る手順とアクセス許可する際のパスワードの説明です。作成した招待ファイルと発行されたアクセス用パスワードを相手に送信する必要があります。また相手がアクセスしてくるときに接続許可をしないと相手が操作出来ないのでリモート操作ヘルプを受ける側はパソコンから離れては行けません。

まずリモートアシスタンスを起動するをご覧ください。

リモートアシスタンスを起動する

Windows8/8.1の方は画面右側の隅にマウスのカーソルを併せるかタップいただいてメニュー画面を表示し、検索をクリック又はタップして検索ボックスに”リモート"とだけ入力ださい。検索一覧少し下に"招待を送ってサポートを受けたり相手にサポートを提供する"ショートカットメニューが出ますのでそれをクリック又はタップでリモートアシスタンスウィザードを起動できます。

win8リモートアシスタンス

続きを読む
記事検索

注意事項、私物の市販デジタルメディアでも基本的にパソコンに保存できなくなりましたので取り扱いにはご注意下さい。詳しくは文化庁著作権ページを御覧ください。

メニュー

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーソフトブログ人気ランキング
QRコード
QRコード
ブログパーツ
  • ライブドアブログ