かげまるブログ

パソコンとPS3とPSPそれに任天堂DSにWiiのフリーで使えるソフトご紹介予定のブログ

2013年10月

プレイステーションVitaTVは必要か?

プレイステーション4の事を色々調べていたらふと気になったのがVitaTVと言う新商品。Vitaでテレビでも見られる機器なのだと余り気にはしてなかったのですが、一応質問があった時答えられるようにどう商品情報を調べてみたらなんとなんとPSVitaの液晶なし本体のみ販売モデルと言うことが判明。ポータブル版とこれは一体何が違うのか調べてみたのですが、まず大きな違い次の通りです。

さて一体なんのことだかわかりますでしょうか?それはインターネット又はLANインターフェースの違いにあります。2013年10月時点でVitaTVは有線LANインターフェースを持ちます。(未確認ですがIEEE802.11インターフェースを持つらしい)、しかも1000BASE-T(今はこれが必須なのに)ではなく100BASE-TXまでの対応となります。アドホックに対応すると言うことですので無線チップは内蔵しているものと思われるのですが、公式スペック表にIEEEインターフェース名記載無しです。

主な仕様のスクリーンショットです。コメント欄に連絡がありましたので今一度確認してみたのですがやはり記載は無い。

VitaTV主なスペック

ソニー公式LAN構築図にはWi-Fiの文字がありますが、上記スペック表には無線インターフェース名記載なしです。

VitaTVLAN構築図

コントローラー(DUALSHOCK®3)Bluetoothを内蔵するので無線は標準内蔵と言うことになりそうです。

PlayStation®Vita TV Global Concept Movie

リモートプレイイメージ

VitaTVのもう一つの特徴はHDMIケーブルを使って、ご自宅の地デジテレビに繋いで楽しめると言う点です。以下簡易比較表を作ってみました。UMDの部分すみません曖昧です。詳しい方コメント欄に補足頂けると嬉しいです。

Vita VitaTV
テレビ出力機能 HDMIインターフェースあるも出力解像度問題で非対応 対応
HDMIインターフェースのみ
無線LAN 対応、速度は一応IEEE802.11n接続時最大150Mbps(上流環境によりLAN内に限られる事もあります。) 標準対応らしい、規格は不明802.11b/g/n同等となると思われます。
無線LANコンバータ対応可能
有線LAN 不可 対応/100Mbpsまで
VITA専用ゲーム 対応 対応
PSPゲーム 非対応
ダウンロード版対応
対応出来る様子もUMDドライブでは無い?
初代PSアーカイブス/PCエンジンコンテンツゲーム ゲームアーカイブスは対応
基本OSは同じなのでダウンロード版であれば基本的に対応するのでは無いでしょうか?
対応
リモートプレイ 対応 対応

結論的にVitaTV版は必要なのか?個人的はコントローロラーセットで用意する必要があり、価格が14994円(VitaTV商品情報)もするなら必要ないのではないかと思います。モンハン4がVita版で出るなら話は別でしょうか?

今更ながらコンテンツ不足を補う為に初代プレイステーションや何故NECのPCエンジンのゲームなど対応させているのか理解に苦しみます。モンハン4を最大の売りにした3DSやポータブルゲーム機の王様になりつつあるスマートフォン対応策ならいっその事クレイジークライマーとかエレベーターアクション等、昭和の大人気ゲームをプレーできるようにして頂きたいと願う次第です。

補足、唯一の利点としましてはPPPoE接続(広帯域接続)に対応しているので、自宅にフレッツインターネットはあるけどパソコンやPPPoE接続に対応出来る端末がない。そんな時このVitaTVでPPPoE接続を作ればテレビでインターネット検索やYOUTUBEやニコニコ動画それにメールの送受信が可能になります。ローコストインターネット端末としてなら最高の環境を手にする事が出来るので、パソコンの代わりにお勧めです。もちろんCATVモデム(モデムの電源20分程切って機器登録更新が必要)に繋いで使うことも可能です。

アバストを更新したらhttpプロトコル(80/TCP)が停止してしまう問題がありました

昨日不思議なご質問を頂きました、と言うのもhttp://から始まるURLのページは全く見られなくて、https://から始まるURLのページは問題なく見られると言う内容でした。

サンプルとしては、例えばGoogleさんの検索は利用できて、YAHOOさんの検索は利用できない

一体何が原因なのか?相当悩みましたがとりあえずDNSサーバを参照ができていないのか疑ってみたのですが、httpsプロトコルは見られる部分が引っかかってたので、とりあえずダメ元でパス名を10進数のIPアドレスで呼び出してみてどうなのかを確認してみました。

パス名10進数のIPアドレス(10進数は余計ですよねすいません。)。www.yahoo.co.jpと言うドメインネームを以下のIPアドレスに変換してくれるのがDNSサーバなのですがこれを参照できないと「エラーページを表示できません」となる事があります。

試して頂いた結果、上記URLを開いてもページを見ることが出来ない問題を改善できなかったので、他のパソコンやゲーム機ではインターネット出来るかを確認すると問題なくインターネットは見られるしYOUTUBE等のマルチメディアコンテンツも見られるということでしたので、ネットワークは問題なしと判断して次の事を確認してみました。

備考、もしもhttp://203.216.243.240を開いてページを見られるようなら、優先DNSに8.8.8.8と代替DNSに8.8.4.4のGoogleさん提供のパブリックDNSを指定で治ります。

続きを読む

Windows8/8.1でゲームが起動しない動きが悪い場合古いDirectXをインストールで対策する方法

Widnows8/8.1にはDirectX11が予めセットアップされていて、8.1にバージョンアップしてからどうも画像処理やゲーム操作関連に微妙に悪影響を与えている様子。古いグラフィックカードではDirectX11には対応していないのでここでは思い切ってDirectX9(XP版の最終バージョン)をインストールして必要なdllやドライバ関連をセットアップしてゲームとデバイスが正しく動くようにしてしまおうと言う対策方法です。

ゲームが正しく起動しないなどの代表的な症状としましては、人気の東方緋想天を起動しようとすると"コンピュータにd3dx9_33.dllが無いため、プログラムを開始できません。この問題を解決するにはプログラムを再インストールする必要があります"。等のエラーです。

d3dx9_33.dllが無いため

古いDirectXをインストールしても大丈夫?基本的にXP時代のゲームはセットアップ毎に必要なDirectXを入れさせる仕組みを取ってましたので特に問題ないはずです。

DirectXバージョンを確認する手順は"ファイル名を指定して実行"の項目に"dxdiag"と入力しOKボタンでバージョンを確認する事が出来ます。

ファイル名を指定して実行

DirectX診断ツールが起動します、ページ下に現在のDirectXバージョンを確認頂くことが出来ます。

DirectX診断ツール

余談ではありますが、診断ツールの"ディスプレイ"メニューから搭載しているGPUがDirectXに対応出来ているかを確認する事が出来ます。GPUが対応出来ていない場合はCPU負担が増えWindowsの動作が緩慢になりやすくゲームもカクカク重い感じが多くなります。昔の言うハードウェアT&L的な事をGPUへ仕事をさせる事が出来ない事が原因となります。coneco.netさんのWindows 7 で DirectX 11 を体験してみよう!が参考になると思います。

グラフィックチップ名

続きを読む

プレイステーション4再度予約受け付け開始WEBショップリスト

ネットワークサイト資料用にPS4がどうしても必要なので、先日予約開始と言う連絡があり早速ページを開くとなんと"完売しました"の文字が。

仕方がないなと思い発売されてから数日してから入手しようと思っていたら、なんとソフマップで再度予約受け付けしている事を発見。早速いろんなWEBショップで確認してみると予約受け付けが再開になってました。もしPS4必要な方は下記リストから予約頂くことが出来るのでご参考までに。

PS4予約ページ直リンク

とりあえず以上なのですが、他のWEBショップでも予約受け付けしているのを見つけられましたらコメント欄にお知らせくださいね。なるべく安く購入できるように情報共有しましょう。

続きを読む

Windows8.1アップデート方法

Windows8から8.1へ無料でアップデート出来るようになりました。そちらの手順を案内致します。

注意点、私のWindows8のスペックが古いせいもありますが更新データ適用完了後、更新完了までに要した時間は概ね2時間必要でした。その間パソコンを使うことが出来ません。ただ、時間が掛かったのはAthlonを搭載した古いスペックが要因しているのかもしれません。Corei7/5等の第三世代第四世代CPU搭載ならそれ程時間もかからないかもしれないです。

ちなみに私のパソコンはWindows8 Pro DSP版です。アップデートはWindowsストアアプリを開くと案内があるのですが、もしも表示されていない場合はWindows8をアップデートして再起動してからWindowsストアを開くとアップグレードの案内が出てくると思いますのでお試し下さい。

Windowsスタート画面からストアアプリを開きます。

ストアアプリ

ストアを開くと最初のページに"無料でWindows8.1へ更新"がありますのでそれをクリック

Windows8.1更新

左上のダウンロードをクリックします。もしもダウンロードが表示されていない場合は、アプリインストールやアップデートが出来ないを参考に修復をして頂ければダウンロードできるようになると思いますのでお試し下さい。

Windwos8.1ダウンロード

ダウンロードが開始されるので完了するまで待ちます。完了したら自動的に再起動アナウンスがあると思うのでパソコンを再起動頂ければ作業完了となります。

ストアダウンロード中

ダウンロードが完了したら再起動メニューが表示されます。所定時間が経過したら自動的に再起動される様子です。再起動されてから更に更新作業(インストール)が完了するまで概ね2時間前後必要となりその間パソコンは使えなくなります。

Windows8.1更新完了

続きを読む
記事検索

注意事項、私物の市販デジタルメディアでも基本的にパソコンに保存できなくなりましたので取り扱いにはご注意下さい。詳しくは文化庁著作権ページを御覧ください。

メニュー

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーソフトブログ人気ランキング
QRコード
QRコード
ブログパーツ
  • ライブドアブログ