かげまるブログ

パソコンとPS3とPSPそれに任天堂DSにWiiのフリーで使えるソフトご紹介予定のブログ

2013年08月

YOUTUBEの動画が遅い途切れる時々しか見られない場合の対策方法

基本的にインターネット上にある動画配信はインターネット接続レスポンスping応答速度に左右されます。後は配信を受け取るダウンロード速度下り方向の速度が速ければにもこしたことは無いのですが、インターネット接続環境を整えていないと幾ら速度が1Gbpsあっても動画閲覧時ストレスを感じることになる場面に遭遇する事になると思います。

メニュー

ネットワーク親機の電源OFF/ON

まずは一番平凡且つ有効なな対策方法ですが、YOUTUBEとのセッション(接続状態)を完全に終了する為に、ブロードバンドルータの電源を切ってしまいます。ブロードバンドルータに付きましては、各種メーカーさんのURLを掲載しておきますのでそれを参考に自宅内に似たような機器がないか探してください。

電源を切る方法はブロードバンドルータのコンセントを抜くだけです。内部異常パケットのクリアも含めて10分は最低切ってから、ブロードバンドルータの電源を入れます。電源を入れてから2分前後経過しないとインターネットへ繋がらないと思いますのでしばらく待ってください。その上で動画サイト閲覧して頂いて改善されたかを確認下さい。

3G/4G/LTE通信又はWi-Fi接続のスマートフォンやタブレットも同様です。セッションが終了していない問題も含めて、スマートフォンとタブレットを再起動させて、動画サイトの閲覧レスポンスが良くなったかを確認お願い致します。

何故ブロードバンドルータや端末を再起動する必要があるのか?理由と致しましてはブロードバンドルータのアドレス変換誤動作、例えばYOUTUBE視聴端末フリーズでずっとYOUTUBEからストリームデータをずっと送付させている状態が発生している懸念もあります。そうなるとインターネットの通り道"トラフィックと言うのですが"そこの通り道が狭くなり、他にほしい情報や動画データが降りてくるのが遅くなる。車の渋滞をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。道が混むと目的地まで行くのに又は帰ってくるのが遅くなる。これが動画遅延や停止の根本的な問題点だと言えます。

高速DNS、GoogleパブリックDNSを設定する

DNS設定

Androidスマートフォン/タブレット

これはかなり効果的だと思います、サーバ応答速度が早くなるので動画閲覧もサクサク閲覧できるようになるかもしれないのでお試し下さい。ただAndroidスマートフォンとタブレットの場合3G/4G/LTEで繋いでいるときは手動で指定出来ないので、こちらのアプリを自己責任で導入下さい。備考、ブラウザでYOUTUBE閲覧時限定と言う事でご了承願います。

  • AndroidアプリSet DNS(無料)

"Set DNS"は3GとWi-Fi通信時両方共デフォルトでGoogleパブリックDNS(プライマリ8.8.8.8/セカンダリ8.8.4.4)を参照させる設定となっています。基本的にブラウザ閲覧時高速化となるとお考え下さい。

Set DNSの簡単な説明です。3G / Wi-Fiネットワーク共アダルトサイトフィルタやフィッシングサイトフィルタを適用出来るOpenDNSかSymantec提供のNorton DNSを適用することが出来ますので活用頂ければと思います。有料のSet DNS Pro版だとパスワードでDNS設定をロックできるそうです。ペアレンタルコントロールの代わりにもなるのでとても有益だと思います。

Set DNSのDNSサーバを変更するには図のアイコンを開きます。

スマホSet DNSアイコン

設定画面が表示されるので、デフォルトのGoogle DNSプルダウンメニューをタッチすると"OpenDNS"又は"Symantec"をタッチしてDNSを簡単に切り替える事が出来ます。一応ブラウザのみの適用と言う事でご理解ください。

DNSサーバ一覧

その他、3GとWi-Fi何方かに切り替えたい場合は右上のギアの様なアイコンからオプションを開いて、トラフィック別の有効無効を切り替える事が出来ます。その他、画面に表示されているDNSサーバ情報とIPアドレスは、契約キャリア別のWAN(ワイドエリアネットワーク)側情報となります。一応一体何のIPアドレスなのかやや不安でしたので調べたらSIMからここのIPアドレス情報を取得している様子でしたので補足としておきます。

キャリア別取得IPアドレス情報

AndroidOSを搭載するスマートフォンとタブレットは、Wi-Fi接続時DNSを手動で指定できるのですが、3G通信時手動設定DNSは適用できないですしSet DNSの方が簡単ですので手動での説明は省きます。ご了承の程お願い致します。

iOS

iOS、iPhoneやiPadそれにiPod TouchのDNS設定手順は以下の通りです。備考、3G/4G/LTE通信のDNSサーバアドレスは指定出来ません。無線LAN接続(Wi-Fi)している時のみ限定となります。2013年8月現在DNSサーバを指定するアプリの存在もない様子です。

手順、設定→Wi-Fiメニューを開きます。以下のSSID名一覧の表示があるのでチェックフラグのあるSSID名右側の三角アイコンをタッチします。

iosのWi-Fi接続先

iOSが受けっとっているIPアドレス情報一覧の"DNS"右側のIPアドレス項目をタッチして、GoogleパブリックDNSに書き換えます。

iOSのDNS書き換え

既存取得のDNSサーバアドレスはDeleteで消して頂いて"8.8.8.8,8.8.4.4"(8.8.8.8だけでも良い。セカンダリDNS8.8.4.4はプライマリ側参照失敗した時の保険のようなものです。)と記載して設定完了となります。

iOSのGoogleDNS設定画面

MACPCのDNSサーバを指定する方法

  • 左上のアップルメニュー→システム設定→全てを表示→ネットワークを開きます。

有効なネットワークアダプターは基本的に自動を選択頂いているのですが、一応無線LAN接続なら"Wi-Fi"を有線LAN接続なら"Ethrnet"を左側のメニューからクリックして選択し、右下の詳細ボタンを開きます。

MACPCネットワーク画面

インターフェースアダプタ別詳細設定項目の上のメニュー一覧にある"DNS"を開きます。左下"+"アイコンをクリックして頂いて、DNSサーバの空欄に図と同じようにGoogleパブリックDNSを指定し、右下OKボタンをクリックして登録作業完了となります。

MACPCのDNSアドレス設定

WidnowsDNS設定

WindowsDNSサーバアドレスを指定するには、バージョン別の手順でネットワーク接続画面を表示して頂いて、IPv4のプロパティより指定する事が可能です。

  • XPはスタート→コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワーク接続を開きます。
  • VISTA/7の方はスタート→コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→左側のメニューに有るアダプターの変更を開きます。
  • Windows8は上記VISTA/7と同じなのですがコントロールパネルの開き方を参考にアダプターの変更画面を開いてください。

ネットワーク接続またはネットワークと共有センターのアダプターの変更画面が開いたら、有効なローカルエリア接続かワイヤレスネットワークのアイコンを右クリックしてプロパティを開きます。注意点としましては"赤いX"が付属するローカルエリア接続かワイヤレスネットワークは有効では無いのでそれらのDNSを設定変更加えても動画閲覧サイトの高速化には繋がらないので間違えないようにしてください。間違えてもインターネット接続そのものには影響はありません。

左側はWindowsXPのネットワークアダプタのプロパティメニュー画像で、右側はXP以外のネットワークアダプタのプロパティメニューの画像資料です。

LANアダプタプロパティ

ローカルエリア又はワイヤレスアダプタのプロパティ画面が表示されたら、左はXPの操作それ以外のバージョンのOSは”インターネット・プロトコルバージョン4(TCP/IP4)”をクリックして選択して頂いてプロパティを開きます。

ローカルエリアプロパティ画面

インターネットプロトコルTCP/IPのプロパティ画面が表示されたら"次のDNSサーバのアドレスを使う"にチェックを入れてください。優先DNSと代替DNSにそれぞれ8.8.8.8/8.8.4.4を入力してOKボタンで閉じれば作業完了です。設定サンプル図は左がXP右がそれ以外のバージョンの画像になります。

TCP/IPのプロパティ

Windowsユーザー限定です。LANアダプタを確認する

hamachiとか仮想LANを入れていて、WindowsのLANアダプタ二個ルール(NT系OS(WindowsXP/VISTA/7/8)は二個までしかTCP/IPドライバを正しく制御出来なくなる)があります。実際はLAN(ローカルエリアネットワーク)又はWAN(ワイドエリアネットワーク)に繋がっていても、インターフェース部でデータ通信が正しくソフトウェアやブラウザに届けられない問題が生じます。なのでLANアダプタを三個以上入れいている場合はこの様な現象で動画を正しく見ることが出来ない不具合が生じます。なので不必要なLANアダプタが無いかを確認し、もしもあればそれらを無効化にしてパソコンを再起動してください。そうすれば動画サイト含めてインターネットが安定的に繋がると思います。

確認手順はこちらを参考に”ネットワーク接続”画面又は"インターネット共有センター"のアダプタ変更画面を開いて確認頂けます。

例えば以下の様に、hamachiそれにvirtualnetworkadapter、それにローカルエリア接続に加えてワイヤレスネットワーク等無数に不必要なLANインターフェースアダプタが存在する場合、アプリケーションが参照するアダプターと実際にアクティブなアダプターの相違が生じてしまい、ストリーミングデータを上手くアプリケーション側で受け取ることが出来ずに、動画がなかなか再生されない遅延するなどの不具合を生じることがあります。有効なインターネットを繋いでいるLANアダプタ以外を"右クリック無効"作業を行い、LANアダプッタを二個以内に整えてください。その上でパソコンを再起動。動画の視聴が改善されたかをご確認ください。

LANアダプタ3個以上

インターネットには繋がってますか?

WAN(ワイドエリアネットワーク)と言います。そちらの方が繋がっていないと幾らLAN側に問題なくても動画ストリーミングデータを受け取れなくなりますので最重要確認項目なのですが、環境が無数にあるので簡単にまとめる事がかなり難しいです。Windowsならコマンドプロンプト画面、MACPCならターミナル画面で、pingコマンドを打ち込んでYOUTUBEホストが応答するかどうかで判断頂くといいかもしれません。応答があればWAN側は問題なしと判断頂けると思います。図の様に~msと言う応答時間が表示されていれば問題なしです。エラーとなる場合はモデム又はブロードバンドルータ、広帯域接続設定の確認が必要になります。pingコマンドを使ってサーバの応答を確認するには以下の通りです。応答シテイル場合は図のように応答秒数が表示されます。

  • ping www.youtube.com

YOUTUBEサーバ応答結果

pingコマンドがエラーとなる場合。ネットワーク経路のどこかに問題が発生している可能性があります。例えばADSLインターネットをご利用なら帯域不安定が発生している可能性もあります。ADSL回線はWEBページを見ているだけなら問題なく、負荷の高いインターネットコンテンツを利用すると切れてしまう事もあります。原因はスプリッタであったり電磁波であったり、NTT基地局の問題であったりしますので、ご契約のインターネットサービスプロバイダへADSLが不安定だと言うことをお伝え頂いで帯域調節してもらう必要があります。

ADSLはLINEやADSLランプが点滅/消灯だと帯域に問題が生じてインターネットに繋がっていない事となります。詳しくはOCN設定サポート接続ができない場合のランプ状態が参考になると思います。スプリッタ故障事例が多く発生しているのでスプリッタ取り除くことで改善することがあります。

その他、ブロードバンドルータであればPPP/INTERNETランプが消灯時はつながってないことになりますし、CATVインターネット関連ではモデムのSTATUS/CATVランプが点灯しているかを確認頂く必要があります。JCOMの接続方法の説明が参考になると思います。CATVは時々メンテナンスが入って、モデムの接続ランプが点滅している事があります。モデムの電源を10分切って入れなおすと点灯に切り替わり動画を見られるようになると思うのでお試しください。

その他考えられる原因や改善点

一通り確認したがやはり改善されない場合。動画閲覧が重たくなる原因について、もし思い当たるなら環境の再構築、サービスの利用停止またはサービスのお乗換えを行ってください。

  1. 一番大きな要因としましては、家庭内でご家族の方も動画を楽しんでいる場合。動画サイトのトラフィック容量と言うものがあるのですが、1台のパソコンで動画を視聴していると結構トラフィック容量を取ってしまい自宅内のインターネットデータ通行渋滞が発生して、動画のレスポンスが悪くなることがあります。対策方法としましては、フレッツ光隼、auギガ光等のトラフィックが太いインターネット回線にお引越しで対応頂く他無いと思います。
  2. 次に考えられる問題点、無線LANで繋いでいる場合。まずUSB無線を正しくセットアップ出来ていないと1.0/1.1で繋がっている可能性があります。1.0/1.1認識のUSB無線インターフェースの速度は1.5Mbpsです。このような状態で動画サイトを見て頂くと当然遅くなってしまいます。その他IEEE802.11bで繋がっている場合も同様に802.11bは最大で11Mbpsとなるので、無線親機との距離が離れている場合は1Mbps未満で繋がってしまっている可能性もあります。無線LANで繋いでいて遅い場合はPLCアダプタ等に変更し有線LANで繋いで視聴頂くのが望ましいかもしれません。
  3. パソコンにBitTorrentやブロードバンドルータやNAS内蔵のBitTorrentを動かしている。又はその他何らかのダウンローダーをを動かしている場合は、これもトラフィックに負荷をかけるので、停止頂くことで動画閲覧レスポンスは改善すると思いますのでお試しください。
  4. 自宅では自分しかインターネットを使わないのに特定の時間帯だけ重たい。基本的に夜20時前後から23時前後までは日本国内に限りインターネット全般が混み合います。通勤通学時のラッシュアワーのようなもので、全体的にインターネット通信が緩慢になってしまいます。どうしてもそれを回避したい場合は法人向け専用線のご導入をご検討ください。そうすれば最高のインターネット環境を手にすることが出来ます。但し高価です。
  5. SIMデータ通信の事例ですが、MiFi.jp等はYOUTUBEの動画を見れなくするプロバイダも存在します。その他イー・モバイルやSoftBankモバイル、WiMAXグローバルIPアドレス契約無しのユーザー様などはproxyを通るので、インターネットキャッシュを取りに行って遅くなる問題もありますので、もしもSIMデータ通信でインターネットご利用であれば、Wi-Fiか無線LANインターネットに切り替えてみてください。
  6. ナローバンドで繋いでいる。未だブロードバンド環境が整っていない地域が存在すると思いますが、その場合自宅のNTT電話回線を使ってモデムからプロバイダに電話してインターネットを利用されている環境の方は、高速にするすべはありません。通信速度下り方向最大56kbpsでは、1MBのデータを受け取るのにも数分かかることがあるので、動画を閲覧することは不可能に近いです。この場合はDOCOMOさんで適当だと思うのですが、moperaUプロバイダ契約で構わないので、DOCOMOのモバイルブロードバンドルータをご用意の上インターネットに繋いで頂ければ問題なく動画を見られると思いますのでお試しください。
  7. 突然広告の様な画面が出る、パソコンの検査が始まったりするなど、アドウェアに端末を乗っ取られている場合。不必要に意図しない外部へのセッション(不正な広告データを取りに行ったりする接続作業)が発生します。Windowsが遅い「ようこそ」の画面のまま起動しない操作も重たいまとめ記事のアドウェアやマルウェアを駆除を参考にアドウェアをクリーニングの上再試行ください。
  8. 動画高速化ツールを使ってみる。SpeedBit Video AcceleratorGIGAZINE記事を参照ください
  9. ブラウザ本体が重たい。不必要にプラグインいいねとか検索ボックスがくっついているブラウザはメモリ消費が大きくGPUへの負担が大きくなります。なので軽いブラウザ特にGoogleChromeブラウザを使ってみるなどで対応頂くのもいいと思います。詳しくはブラウザのアップグレード - YouTube ヘルプをご確認ください。
  10. βテスト版ですが軽量版YOUTUBEを有効に切り替えて見て下さい。開いたページの"Featherベータ版を有効にする"をクリックするだけです。但し、cookieを受け付けない設定(セキュリティソフトがそうしている場合もある。)をしている場合は設定変更を保存できませんので毎回この作業を行って頂く必要があります。
  11. 一時的な回避策としては、セーフモードとネットワークでWindowsを起動して動画だけを楽しむと言う方法もあります。セーフモードとネットワークだけでWidnowsを起動すれば、パソコンが重たい原因のスタートアップソフトウェアを起動せずにパソコンを利用することが可能となります。ただセキュリティソフト関連も起動していないのでパソコンウイルスに注意が必要です。

簡単ではありますが説明は以上です。もしもこんな方法で動画が高速に見られるようになった等の情報をお持ちでしたらコメント欄にすみませんがご連絡頂けると嬉しいです。またYOUTUBEヘルプフォーラムにも沢山有益な情報がありますので不具合有る場合解決策見つかるかもしれないので御覧ください。

YOUTUBEの動画が見られない場合の対策方法フラッシュプラグインの入れ直し

WindowsパソコンでYOUTUBEやニコニコ動画が見られなくなった場合、動画を見られるようにする手順の説明です。備考、パソコン以外の問題の方はフラッシュプレーヤーを入れ直ししても動画が見られないを参照して対策してください。

動画が見られなくった例、まず砂流し状態となり"動画の再生にはAdobe Flash Player が必要です"と表示されたり"この動画は再生出来ません"とエラーとなる等。

この動画は再生出来ません

ニコニコ動画等では"Adobe Flash Player"のバージョンが古いかインストールされていない為動画再生プレーヤーを表示できません。Adobe社のWEBサイトから最新の"Flash Player"をインストールしてください。と表示される等で動画を見ることが出来ない場合。

ニコニコ動画プレーヤーエラー

続きを読む

Windows8のスタートメニューをセットアップする方法

よく使うアプリケーションやソフトウェアの起動がどうしてもやっぱり不便なWindows8に、別途サードパーティ製品ではあるものの、スタートメニューをセットして便利なパソコン環境にする手順の説明です。

サードパーティ製品と言っても全部が全部安心して取り入れられるものではないので、安心出来るメーカーの”スタート”メニューを紹介したいと思います。

一応4つ紹介してますが、個人的に安全の可能性が高い順番の製品から紹介しています。が、もしも万が一の事があるかもしれませんので、導入は自己責任でお願い致します。

続きを読む
記事検索

注意事項、私物の市販デジタルメディアでも基本的にパソコンに保存できなくなりましたので取り扱いにはご注意下さい。詳しくは文化庁著作権ページを御覧ください。

メニュー

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーソフトブログ人気ランキング
QRコード
QRコード
ブログパーツ
  • ライブドアブログ