Windowsは可能であればAdministratorと言う管理者権限で使わない方が望ましいのですが、何故か未だにその考えが浸透していません。理由は何らかのアプリケーションを開くと自動的にシステムが改変されてしまう脆弱を持ったままパソコンを使う形を取るべきでは無いからです。ここでは管理者で作ってしまったアカウント以外で新しく制限ユーザーを作ってそちらで利用するか、又はすでに他管理者権限で追加してしまったアカウントを制限ユーザーに変更する手順を説明します。

ユーザーアカウントを追加する

コントロールパネルを開き、右上のユーザーアカウントとファミリーセーフティーメニュの下にある"アカウントの種類の変更"を開きます。

アカウントの種類の変更


スポンサードリンク

アカウントの管理画面が表示されるので、下の"PC設定で新しいユーザーを追加"をクリック又はタッチして新しいユーザーアカウントを作成する事が出来ます。

新しいユーザーを追加するメニュー

"アカウントを追加する"から新規Windows利用アカウントを作成する事が可能です。

アカウント追加メニュー

アカウントの作り方ですが、MicrosoftLIVEアカウントをお持ちならそちらに登録しているメールアドレスを上の空欄に入力して次へを選んでください。またインターネットに繋がないスタンドアロン的な使い方をする、MicrosoftLIVEアカウントは持ってない場合は左下の”Microsoftアカウントを使わずにサインインする”を選んでください。ただMicrosoftアカウント登録しないで作成するとWindowsストアでアプリ取得が出来なくなるので念の為。

今回は後者の”Microsoftアカウントを使わずにサインインする”を選んで説明致します。

アカウント作成手順1

ユーザーの追加画面で”ローカルアカウント”を選択します。Microsoftアカウントと何処が違うのかは先程いいましたアプリの利用が出来ない、スカイプやマイクロソフトスカイドライブ等のクライドサービスが利用できない等が挙げられます。タブレット型の方はマイクロソフトアカウントの方が便利かもしれないですよね。これも後で変更できますのでとりあえずお勧めログイン方式はどちらでも構わないです。

アカウント作成手順2

ユーザー名を決定する項目です。注意、元々NT系システムは日本語ユーザーアカウントを付けると(2バイトの文字による不具合)不具合の元となる事が多いです。可能なら日本語名では無く"英文字直接入力"でユーザーを作成した方が原因不明のエラーに陥りにくいと思いますので英語でユーザー名を作成をご検討ください。

パスワードは付けても付けなくても構いません。パスワードを設定する場合はパスワードのヒントとなるものを記載します。ここは日本語で構いません。パスワードは英数で設定します。入力できたら次へ。

アカウント作成手順3

アカウント確認画面です。ファミリーセーフティーはマイクロソフトアカウントを作ってペアレンタルコントロール設定が必要になりますので特に今回ここの説明は飛ばします。完了を選んで頂ければアカウント追加となります。

アカウント作成完了

追加アカウントのアカウントの種類を確認します。もし管理者で作ってしまったなら標準ユーザーに切り替えてご利用ください。アカウント追加完了の画面でアカウント名をクリックして編集をクリックします。

アカウントの編集

アカウントの種類"標準ユーザー"であれば問題ありません、管理者であればクリックして標準ユーザーに切り替えてOKを選んで保存してください。

アカウントの種類確認

制限ユーザーに切り替える方法

過去に追加したアカウントも念の為(標準)制限ユーザーに切り替えてください。Administrator(管理者)権限で危険なインターネットを利用しないようにします。詳しくはマイクロソフト公式説明”管理者としてコンピュータを実行してはいけない理由”オンラインで利用する場合は必ず標準ユーザーで利用するようにしてください後可能なら安全なブラウザChromeやFireFoxブラウザの導入とマカフィーサイトアドバイザー(詐欺サイトを判定してくれます、無料ツールです)も導入しておいてください。

アカウントの種類の変更から以下のアカウントの管理画面を出してください。

注意事項!!一つだけ必ずAdministrator管理者を残して置いてください。パソコンのメンテナンスと更新、プログラムのインストール時にAdministratorのパスワードが必要になります。Administrator権限のあるユーザーはアカウントの写真右側で確認出来ます。

Administratorアカウント

常時パソコンを利用するアカウントがAdministratorと表示されているならクリックして

変更するユーザーアカウント

アカウントの種類の変更を開きます。

アカウントの種類を変更メニュー

標準/管理者と選択画面があるので、標準にチェックを入れて"アカウントの種類の変更"ボタンをクリックで作業完了です。念の為設定を反省させる為にパソコンを再起動してください。以上で作業完了です。

標準と管理者切り替え画面


スポンサードリンク