プレイステーション3/4の登場により日本国内もオンラインゲーマーが大幅に増加傾向にあります。以前まではインターネットを選ぶ基準とするとファイル共有ソフトで遊ぶ程度なので速度重視で構わなかったのですが、オンラインゲームの場合インターネットを選ぶ基準としましてはping応答速度重視必須となっております。

相手側はもちろん、オンラインゲーマープレーヤー側双方ping速度が良くないと、どちらかにラグと言う現象が発生してしまい不快感を与えてしまいます。特にウイニングイレブンプレーヤーではその辺重視される様子です。

また、外側(WAN、ワイドエリアネットワーク側)pingに応答しないインターネットを選ぶのはオンラインゲーマーを目指すには論外と言えると思われます。現状auOneで提供されるBL150HV/BL170HV/BL172HV/BL190HW/BL900HW辺りにつきましては、ICMPのパケットフィルタを通す設定をしても外部pingに応答しない現象があったりします。またAtermシリーズはICMPのプロトコル番号0を転送する事が出来ないので実質ping応答させる事が出来ないインターネット環境となります。

補足、PS4に繋いでいるフレッツ光隼の上りと下りの速度が100Mbpsオーバー出来たご連絡を頂きました。手順はNTTルータにping応答をさせただけです。

外側からのping応答が無いと例えばガンダムEXVS等のオンラインゲームでルームを開設しても通信状況が赤いアラート表示となり、実際auさんの高品質な回線であっても他のプレーヤーから敬遠される傾向にありなかなかネット対戦が出来ない状況が発生しています。せっかく楽しいゲームもping応答しない、応答速度が悪いと言うことでお互い不快感を覚える場面が多数存在しています。


スポンサードリンク

PS3/4の接続速度やping応答速度が悪いというご質問を多数頂いているのですが、回線速度が早いからと言ってラグが減ったりPSNの接続速度が上がるわけではありません。重要なのは流しそうめんしているイメージであなたは上流なのか下流なのか、何処で流しそうめん(=インターネットに繋いでいるのか?)しているのかが重要になります。

補足、上流で流しそうめんを食べている人がいると下流にはなかなか「そうめん(データ)」が流れてこない事を例えているのですがご了承の程お願い致します。

例えば、モデム側から下流をイメージするとわかりやすいと思いますが、以下のイメージだとPS3は一番下流になります。なのでPS3/4のラグを減らす応答速度を上げる場合は次の構成の様にすると理論的には通信環境スペックは上がる事になります。(以下の構成は全てLANケーブルで繋がっているものとします)

  1. モデム
  2. ブロードバンドルータ---TO---PC
  3. 無線アクセスポイント---TO---wireless client
  4. PS3は流しそうめんの言う一番下流に居るとイメージします。

流しそうめんを通信パケットとイメージすれば理解はしやすいですよね、上記PS3/4で流しそうめんを一番早く受け取れるようにするにはどうすれば良いのか?流しそうめんの上流にPS3/4を持ってくれば良いだけです。

以下の様に改善すると理論的にはルータのスループット影響を受けずにインターネット側へ反応することが出来る。ただ以下の様にするとPS3/4にはIPマスカレードサービス(ルータ機能)を持ちませんので、PS3以降の下流がインターネットに繋がらなくなってしまいます。なので次のようにLAN環境を構築頂くのが一番流しそうめんをする上では上流にPS3を持ってくることが出来るということになります。

  1. モデム
  2. PS3/4
  3. ブロードバンドルータ---TO---PC
  4. 無線アクセスポイント---TO---wireless client

一番最適なLAN環境。流しそうめんでいち早くそうめんをゲットできる位置ですよね。PCは何処でも構わないです臨機応変に何れかのネットワーク機器に繋いでもらえれば大丈夫です。

  1. モデム
  2. ブロードバンドルータ---TO---PS3/4は流しそうめんの上流に来ました。
  3. 無線アクセスポイント---TO---wireless client

プロバイダにも上流と下流がある

冒頭わかりやすいようにLAN内で流しそうめんを上流で受け取る事を説明したのですが、実はみなさんのプロバイダ環境にも一次二次三次と上流(一次が上流)と下流(二次、三次は下流)プロバイダがあるんです。インプレスさんのちょっと情報は古いのですが"インターネットサービスプロバイダー相互接続マップ(PDF版公開)"で参照頂くことが出来ます。相互接続マップに付きましては一次プロバイダは変わらないです。

インターネットエクスチェンジ(PDFで橙色で示されているポイント)に直接繋がっているプロバイダが流しそうめんの言う上流プロバイダ一次プロバイダということになります。回線速度が例え1000Mbpsであろうとも下流プロバイダに行けば行くほどスループットは悪くなる(ping応答が悪くなる、データ送受信遅延ラグが生じる)ということになってしまいます。

下流プロバイダを契約してしまって二年縛りでお困りの場合は、フレッツ光やADSLであればプロバイダ提供だけしているIIJMIOの接続IDだけ契約してPPPoE接続設定を変更を加えると良いと思います。ゲーマーに一目置かれているIIJ品質でオンラインゲームを楽しむことが出来るようになります。詳しくはhttps://www.iijmio.jp/guide/outline/broadband.jspをご覧ください。


スポンサードリンク