昨日不思議なご質問を頂きました、と言うのもhttp://から始まるURLのページは全く見られなくて、https://から始まるURLのページは問題なく見られると言う内容でした。

サンプルとしては、例えばGoogleさんの検索は利用できて、YAHOOさんの検索は利用できない

一体何が原因なのか?相当悩みましたがとりあえずDNSサーバを参照ができていないのか疑ってみたのですが、httpsプロトコルは見られる部分が引っかかってたので、とりあえずダメ元でパス名を10進数のIPアドレスで呼び出してみてどうなのかを確認してみました。

パス名10進数のIPアドレス(10進数は余計ですよねすいません。)。www.yahoo.co.jpと言うドメインネームを以下のIPアドレスに変換してくれるのがDNSサーバなのですがこれを参照できないと「エラーページを表示できません」となる事があります。

試して頂いた結果、上記URLを開いてもページを見ることが出来ない問題を改善できなかったので、他のパソコンやゲーム機ではインターネット出来るかを確認すると問題なくインターネットは見られるしYOUTUBE等のマルチメディアコンテンツも見られるということでしたので、ネットワークは問題なしと判断して次の事を確認してみました。

備考、もしもhttp://203.216.243.240を開いてページを見られるようなら、優先DNSに8.8.8.8と代替DNSに8.8.4.4のGoogleさん提供のパブリックDNSを指定で治ります。


スポンサードリンク

httpは80/TCP、httpsは443/TCP何故80番の方が見られないのか?

疑ってみたのはパソコンウイルス対策ソフトやセキュリティソフトです。例えばマカフィー期限切れはファイアウォールロックがかかりますし、comodoは設定間違えると意図しないプロトコルを閉じてしまう事がありますので、パソコンウイルス対策ソフトかファイアウォールに何か使っているのか確認してみたところ、Avastを使っているとご連絡を頂きました。

Avastの無料版をご利用と言うことでしたので、確かこれにはファイアウォールは付属しないはずなのでhttpを閉じてしまうことは皆無のはずなのですが、調べてみると変なプラグイン(アドオン)が入ってました。マカフィーのサイトアドバイザー的なサービスです。

Avastセキュリティプラグイン

2chを調べたらアバスト更新したら広告が表示されなくなくなった等の記載がありましたので、もしかしたらと思い、このプラグイン(アドオン)かな~?でもhttpsは通るので違うように気も。とりあえずプラグイン(アドオン)を停止してもらってみても特に改善なし。

アドオン無効化

加えて、ChromeにOperaにFireFoxブラうさすべてhttpが止まってしまっていると言うことでしたので、完全にAvastでは無いかと思いアンインストールしてもらって、代替にMicrosoft Security Essentialsを適用してもらった所、httpから始まるURLのページの閲覧ができるようになり、問題は解決した次第です。

何故httpが止まったのか?Avastは指定WEBシールドの働きで悪意あるサイトのセッションへはずっと停止してくれるサービスを持つのですがもしかしたら、何らかのバグを持ちフルパスにhttpを含めてしまう問題が存在するのかもしれません。とりあえずAvastを更新して同じ不具合出てしまったら一度Avastを削除して頂ければ治ると思うのでお試し下さい。

代替で使える無料パソコンウイルス対策ソフト

他にもあると思うのですが、これはと言う製品あれば是非コメント欄にご連絡下さい。


スポンサードリンク