Windows8で個別のアプリケーションやソフトウェアを使いたい時、非常に不便な感覚を覚えます。今までのWidnowsであればスタートから全てのプログラムを選んで、起動したいアプリケーション及びソフトウェアをクリックするだけだったのに、Windows8では一度スタート画面に戻ってから全てのアプリを開いてから起動、または右側の画面にマウスのカーソルを併せて、表示されたメニューから検索を選んで、例えばメモ帳ならnotepad、コマンドプロンプトならcmd、キャプチャツールならsnippingとタイプして起動してあげる必要が有るなど、非常に負担と思う部分があります。

Windows8アプリ検索

普段のWidnwos操作をスムーズに出来るように、ショートカットを作りデスクトップに貼り付けして、必要時ダブルクリックで起動できるようにしておくと便利ですので、その辺の説明をさせて頂きたいと思います。非常に簡単ですので是非ユーザーのWindows8もショートカットを並べて作業しやすいようにしてみて下さい。


スポンサードリンク

ソフトをすぐに呼び出せるショートカットの作り方

Windows8のデスクトップの画面に、よく利用するアプリケーションのショートカットアイコンを置いていく手順の説明です。ペイントやキャプチャツール、それにメディアプレーヤーなどデスクトップに置いておくと便利に使えるようになると思います。

ショートカットアイコン

まず、Windows8の全てのアプリを呼び出します。スタートメニューを参考に全てのアプリケーション一覧を表示するか、スタート画面で右クリックして、全てのアプリを選んで以下の画面を出します。

Windows8全てのアプリ

全てのアプリ一覧が表示されたら、下のバーをクリックしたまま左右に動かすか、左右矢印キー(←/→)で画面を左右に移動して、よく使うアプリを探します。例えば画面キャプチャツール"snipping tool"(パソコンの画面をキャプチャ)であれば、ここにあると思います。"snipping tool"のショートカットを作成してデスクトップに貼り付けする作業で説明します。

snipping toolの場所

"snipping tool"を右クリックして、下にタスクバーメニューが表示されるので"ファイルの場所を開く"をクリックします。

アプリを右クリックメニュー

ショートカットアイコン一覧が表示されます。本来ならSystem32フォルダにセットアップされているのですが、最初からショートカットアイコン登録されているのでこれを流用してしまいます。開いたsnipping toolショートカットアイコンを右クリックしてください。

プログラム名を右クリック

右クリックメニューの"送る"と言うメニューにマウスのカーソルを併せて頂いて、デスクトップ(ショートカット作成)をクリックして頂ければ作業完了です。

ショートカット作成メニュー

デスクトップ画面に切り替えると、図の様に追加したショートカットアイコンが表示されています。これをダブルクリックすると直接アプリケーションを起動させる事が出来ます。

追加されたショートカットアイコン

全てのアプリ画面いないソフトのショートカットの作り方

全てのアプリ一覧にないソフトウェアやアプリのショートカットを作るには、セットアップ(インストール)先フォルダまたは、ダウンロードフォルダを開いて、同様の流れでショートカットを作ることが出来ます。

手順は、まずデスクトップを開いて頂いて。

デスクトップ

下のタスクバーのフォルダアイコン(エクスプローラー)を開きます。なければ左下の画面にカーソルを併せてスタートを右クリックして、エクスプローラーを開いて頂ければ同じ画面に切り替わります。

エクスプローラー

表示されたドライブ一覧で、仮に画像編集ツール"ペイント"のショートカットをデスクトップに作る場合、まずCドライブを開き、Windowsフォルダを開きます。

Cドライブフォルダ

次に、system32と言うフォルダを開きます。

system32フォルダ

その中から、ペイントプログラム"mspaint.exe"ファイルを探して、右クリックをして表示されたメニューの送るにカーソルを併せて、同様にデスクトップ(ショートカットを作成)を選んで頂ければ、Windows8のデスクトップのペイントショートカットアイコンから画像編集ソフトを手軽に起動して利用することが出来るようになります。

mspaint

この様に、よく使うソフィとウェアやアプリをデスクトップ上にショートカットとして作成する事で、よりインターネットを快適かつ楽しく利用頂けると思います。ショートカット本体は不要となれば右クリックで削除して頂いても大丈夫です。ショートカットアイコンを削除してもプログラム本体は削除されません。

デスクトップ上のショートカットアイコン

説明は以上です。


スポンサードリンク