マルチメディアデータ総合の簡単フォーマット変換ソフトのフォーマットファクトリーです。動画を含めて、音楽、画像データのフォーマットを手軽に指定のフォーマットに変更することが出来ます。

使い方や用途は、例えば携帯電話で撮影した動画をYOUTUBEへアップロードして公開したら、1分の動画なのに数秒で終了してしまう不具合が生じる場合3GPフォーマットからMP4やMPEGフォーマットへ変換してアップロードしてみる対策等(動画フォーマット変更でYOUTUBE側で正しく動画公開させることが出来るかもしれません。)。家庭用ビデオカメラで撮影したm2tsやmtsフォーマットの動画を、スマートフォンやPSPそれにタブレットでも見たい場合、mpeg2へ変換して見ることを可能にしたり出来ます。また手軽な動画をカット出来るサービスも付属するのでとても便利です。

ただ難点といたしましては、CPUへ処理を依存するのでかなりの負荷がパソコンにかかります。時間はかかりましたが、250MB程のmtsフォーマットをMP4へ変換させてみたのですが問題なくフォーマット変換出来ました。無料ソフトなので自己責任でご利用頂く形になります。ダウンロードはcnetdownloadページから取得できます。ダウンロードしたらZIP形式で圧縮されているので、解凍してから、FFSetupを実行してインストール完了したらすぐに使えるようになります。


スポンサードリンク

FormatFactoryで変換可能な(対象)マルチメディアフォーマットは主なビデオカメラで撮影したフォーマットに対応可能です。

変換させたいフォーマット形式(出力形式)、MP4、AVI、3GP、WMV、MPEG等を左側のメニューから選んで、動画保存フォルダを追加、自動的に変換対応可能動画データが表示されます。

変換フォーマット形式を選択

変換の必要のない動画データはクリックして青反転させて、左上のxアイコンで変換対象データから外すことが出来ます。

フォーマット変換対象データ

動画の始点、終点の編集を行いたい場合は、編集する動画を選んで、設定ボタンを選びます。

動画の編集

開始時間、始点時間を指定と、結局時間、終点時間を指定して、不要な部分をカットすることが出来ます。右側はオーディオ設定も変更できる様子。編集時間を指定出来たら右上のOKボタンで決定出来ます。フォーマット変換時に処理保存されます。

編集画面

準備が出来たらOKボタンをクリックです。備考、変換対象の元動画は何も変更されません。そのまま残ります。新規に指定フォーマットの動画データが出力先に保存されます。

変換準備完了

フォーマットファクトリーの元の画面に戻ったら、Click to startをクリックすると動画変換作業開始します。

変換作業開始

指定フォーマット変換動画データ作成完了の状態です。デフォルトの保存先はマイドキュメントのFFoutputフォルダに保存されます。説明は以上です。

変換作業完了


スポンサードリンク