ソニーのハンディカムやサイバーショットを購入すると、無料で付属している動画管理編集ソフトPlayMemories HOMEで動画を編集する手順の説明です。

旧バージョンPMBからも更新を適用すれば同ソフトを利用することが可能です。PMBをアップデート

PlayMemories HOMEの特徴。基本的には動画の管理が主な使い道となりますが、ビデオで撮影したデータをDVD化(パソコン側でDVD書き込み提供機能がある場合のみ)、サイバーショットで撮影した写真を簡単プリントアウト、PlayMemoriesオンラインサービス上で動画写真データのクラウド管理サービス(登録が必要)を利用することが可能です。

その他の特徴に、動画のカット、動画の結合、動画フォーマットをMPEG2/WMVに変換することが可能です。このフォーマット変換機能は結構使うので重宝すると思います。


スポンサードリンク

動画をカットする

PlayMemories HOMEで撮影した動画をカットする手順の説明です。カットする元動画はそのままデータ変更されませんので安心して下さい。カットしたシーンが新規に動画データとして作成されます。

手順、まずカットしたい動画を選択した状態で、上の活用から編集を開きます。

活用と編集

右側に選択した動画のサムネイル(小さな画像)が移動します。その右上の静止画像編集をクリックして、メニューから動画編集に切り替えます。

動画編集に切り替え

動画編集へ切り替えたら、下の編集を開始するボタンを開きます。

編集開始ボタン

動画編集用の別の画面がポップアップ表示されます。この画面で、動画の場所をカットして、新規に編集した動画として保存されます。備考、左側の旗アイコンは動画始点を指定出来ます。右側の旗アイコンは動画の終点を指定出来ます。ただ、前後しかカット保存することが出来ず、中の要らない動画場所のみカットはできません。中間のみカットは、必要な部分を開始から、次に終了からそれぞれカット保存して、後で結合対応する必要があります。動画の始点-終点を決めたら、編集した動画を保存するボタンをクリックで、新規動画データとして作成されます。元動画データは変更されませんので安心して下さい。

動画保存ボタン

最後に保存場所の説明(元動画があるフォルダに概ね保存されます)と、編集した新規動画の名称を決めて保存ボタンをクリックすれば、少し時間がかかる場合はありますが、これで作業完了になります。

動画保存先

動画をくっつける

PlayMemories HOMEで動画をくっつけるには、くっつけたい動画をクリックして選択して、活用から編集を開きます

活用と編集

右上のメニューを、動画の結合に変更します。

動画の結合

次に、くっつけたい動画のシーンを左側の動画サムネイルをクリックして選択(Ctrl押しながらクリックで複数選択可能)し、→ボタンをクリックして、くっつける動画を右側のメニューへ移動させて、"結合する動画をCtrlキーを押しながら全て選択してください"。その上で、下の編集を開始するボタンを選びます。

結合動画を選択

動画をくっつける準備画面です。左側から順番に動画をくっつけていきます。順番に間違いが無いか、マウスのカーソルをそれぞれの動画の上に置いて、ファイル名を確認して下さい。並びが違う場合は、動画のサムネイルをクリックしたまま順番を入れ替える事が出来ます。

順番に間違いなければ、結合するボタンを選んで、後はくっつけた動画が完成するまで待ちます。元の動画は変更されませんので安心して下さい。動画のくっつけるの説明は以上です。

結合開始

MPEGやWMVフォーマットに変換する

ソニーのハンディカムで撮影した動画データmts又はm2tsファイルのままだと具合が悪い。例えばPSPで再生させたい場合等は、動画フォーマットを変換すれば、PSPやスマートフォンの標準のビデオプレーヤーでも見られるようになります。フォーマット変換手順は次のとおりです。フォーマットを変換する動画を選択して、活用から変換を選んで、MPEG2かWMVを選んで簡単に変換することが出来ます。どのプレーヤーでも再生させたいならMPEG2が望ましいです。

フォーマット変換

動画変換のオプションメニューが表示されます。特に変更する必要はありません。保存先のみチェックしておいてください。元の動画が変換されまずに残ります。新規に例えばMPEG2変換した動画が作成されます。速度を優先するオプションは、GPUを別途搭載しているパソコンならチェックを入れると高速に変換作業は完了します。問題無ければ変換開始を選んで作業完了です。

変換開始

備考、時間がかかると言う表示は必ずはいを選んで下さい。動画変換はパソコンの性能と動画時間に左右されます。説明は以上です。

時間が必要確認画面


スポンサードリンク