英語版ですが直感的に使いやすいユーザーインターフェースで軽くて高速検査することが出来ます。但し無料版は画像と動画の復元はできません。有料アップデートすることで画像と動画ファイルの復元に対応

eDATA UneraseダウンロードはCnetDownloadから取得下さい

CnetDownloadページが開いたら、DirectDownloadから取得下さい。

DirectDownload


スポンサードリンク

eDATA Uneraseの使い方は、起動したら図のようにドライブを選ぶ画面が表示されます。Cドライブはパソコン上の消してしまったファイルを検索、その他(ビデオカメラやデジカメ画像動画復元は有料版しか対応しません)それにUSBやSDフラッシュメモリなどでしたらC以外の該当デバイスドライブをクリックして選択し、右下の三角ボタンをクリックして次の検査オプション画面に進みます

復元ドライブ選択

復元させたいファイル種別選択画面です。デフォルトのままで構わないですが、例えばHTMLファイルを高速に探したい場合などでしたらWebPageのみチェックで検査した方が高速に検出することが出来ます。右側クイックとフルスキャンのオプションがあります、クイックで見つからない場合はフルスキャンに切り替えて検査させて見て下さい。検査オプションの選択が完了したら右下三角ボタンをクリック

検査が完了して削除してしまったファイルが見つかったら、復元させるファイル名左側にチェックを入れて、右下のSaveFileボタンをクリックします

復元ボタン

復元先フォルダカスタマイズ画面が表示されます。そのままOKボタンで復元作業が開始されます。完了するまで待ちます

復元先フォルダ変更オプション

復元されたファイルを確認するには、図の右下Browseボタンから確認することが出来ます。説明は以上です

復元ファイル確認

ビデオやデジカメの動画と写真データ保存場所がわからない場合は参照ください


スポンサードリンク