英語版でパソコンへのセットアップが必要になりますが、無料で使える削除してしまったデータを復元出来る無料ツールです。パソコン上はもちろん、FTA16/32デバイスに対応するので、デジカメやビデオカメラ、スマートフォンのSDカードメモリからも復元出来ると思います。(パナソニックのビデオカメラで復元可能確認済)。但し他のツール同様、削除したデータ領域にデータを上書きしてしまった場合は難しいです。専門家に依頼してもらわないと復元できない場合もあります。

まずベクターさんから本体をダウンロードして下さい。

ダウンロードしたpci_filerecovery.exeをダブルクリックしてパソコンへセットアップします。実行を選んだ後、Allow(許可)を選んで、installボタンを選んで後は完了するまで待ちます。

pci_filerecovery.exe


スポンサードリンク

セットアップが完了したら、スタートメニューからPC INSPECTOR File Recoveryを起動することが出来ます。

PC INSPECTOR File Recovery起動

起動したら毎回言語選択画面が表示されるので、Englishを選んでチェックボタンをクリックすると使えるようになります

言語選択

言語選択した後、ツールの説明が出るのでXボタンで閉じます。

復元ツールの概要

使い方ですが、まずどのドライブにあるデータを復元復旧させたいかを指定する必要があります。メニュ左上虫眼鏡とドライブアイコンをクリックします

ドライブ選択

フィルを復元したいドライブをクリックしてチェックボタンをクリックします

復元ドライブを選択

もしもどのドライブなのかわからない場合は物理ドライブメニューに切り替えてみて下さい(PhysicalDriveを選びます)。物理ドライブなら一つのハードディスク単体やSDカードメモリ単体を指定で検査することが出来ます。

PhysicalDriveメニュー

ドライブの選択が完了したら、次の作業画面に切り替わります。削除してしまったファイルを復元するには赤い+アイコンのあるメニューを開き、ポップアップ画面のチェックアイコンをクリックして下さい、ドライブ検査が開始されます。やや時間がかかりますが次の図と同じ画面になるまで待ちます。備考、クラスター検査オプションがあるのですが変更せずにそのまま

削除ファイルの検査

削除ファイル検出作業が完了したら下記の様に画面が表示されます。デフォルトでLOST領域がひょうじされているのですがここには目的のファイルはないので、赤い印のDeleted領域を開いて下さい

削除ファイル検査結果

Deleted領域を開くと幾つかフォルダ別で表示されていると思います。例えばビデオカメラやデジカメのデータを復元させたい場合は、動画データならAVCHDを開き、BDMVを開きSTREAMを開くと削除してしまった動画データ一覧を見ることが出来ます。デジカメの画像データならDCIMフォルダを開くと削除データ一覧を見ることがでいます。

復元可能削除ファイル一覧

どれが必要なデータなのかは、日付右側に表示あるのと、MTSやMP4又はJPG等の拡張子で判断してください。おおよその日付がわかるならそれらをすべて復元させれば目的のデータが見つかるかもしれません。復元方法は、クリックして青色反転させます。複数選択はSHITキーを押しながら範囲クリック、Ctrlキーを押しながら複数選択が可能です。選択できたらフロッピーディスクアイコンをクリックします。

復元する

復元データの保存先をクリックして決めます。マイドキュメント辺りで構いません。選択したらチェックボタンをクリックすれば復元作業が開始されます

nas0011

復元中の状態で。完了すれば元の画面に戻るのでしばらく待ちます。説明は以上です

データ復元中

ビデオやデジカメの動画と写真データ保存場所がわからない場合は参照ください


スポンサードリンク