ISOファイルはCDやDVDのディスクイメージをそのままISOイメージファイル化したデータです。

DVDとCDを吸いだしてISOファイルにしてしまえば、手元のCDやDVDを携帯しなくても、パソコンのハードディスクかNAS等のメディアに保存しておけば何時でもデーモンツールで再生させることが可能になります。


スポンサードリンク

ISOファイルを作成

まずISOファイルにイメージ化したいCDかDVDをパソコンのドライブ(パソコンに内蔵されている実際のCD又はDVDドライブ)にセットします。

次にデーモンツールのメニューから(Windows右下デーモンツールアイコン右クリック)ディスクイメージングメニューを選んでください

デーモンツール右クリックメニュー

ディスクのイメージング画面が表示されるので次のデバイス項目で、実際のパソコンに内蔵されているCDまたはDVDドライブが選択されていることを確認します。

ディスクのイメージングデバイス

パソコンに内蔵されているドライブとは

デーモンツールをインストールすると仮想ドライブが(架空というかソフトウェアドライブ)一台Windwosに認識されます。この架空ドライブから物理メディアDVDやCDを読み取ることが出来無いです。

確認するにはマイコンピュータを開くとどちらが実際のドライブか確認出来ます。

仮想ドライブ

ディスクのイメージング画面でデバイスが間違いない事を確認できたら目的イメージファイルの右側のボタンをクリックします

isoファイル名

名前を付けて保存の画面がでるので画面下の方のファイルの種類をクリックして標準ISOイメージ(*.iso)をクリックしてイメージフォーマットをISOに変更します

isoフォーマット変更

名前を付けて保存の保存をクリックします

isoファイル名前を付けて保存

準備ができたらディスクのイメージング画面の開始をクリックすればISOファイルを作成開始するのですがその前に、読み込み速度とその他のオプションに付いて少し説明御覧ください

ISOファイル作成オプション

  • 読み込み速度(等速から8倍)
    メディアに傷がある場合等データを正確に読み込みできない場合読み込み速度を落として試す事が出来ます。
  • 失敗時にイメージを削除する
    ISO吸出しに失敗したときはそのデータを破棄してゴミファイルを残さないオプション
  • イメージカタログに追加
    デーモンツールメイン画面にISOファイルを登録することが出来ます

特に細かく設定を変更してISO化する必要は無いものの、音楽CD(WAV音源)を高音質で保存したい場合は読み込み速度等速を指定することで高音質として保存可能です。

準備できたら開始を選択

デーモンツールISOファイル作成開始

ディスクイメージの作成進行状況となり、このまま完了するまで待ちます

ISOファイル作成状況

ISOファイルが作成できたら閉じるボタンで閉じます

ISOファイル作成完了

作成したISOファイルを再生確認するには、マウントさせる方法もあるのですがカタログ登録されているので、次の方法で再生確認してみましょう

デーモンツールショートカットアイコンをダブルクリック

デーモンツールショートカットアイコン

デーモンツールの操作画面が出ます、イメージカタログに先程作成されたISOファイルが登録されているのでダブルクリックすれば仮想ドライブにマウントされて自動再生でISOファイルが正しく完成したかを確認することが出来ます。

デーモンツールイメージカタログ

デーモンツールメニュー


スポンサードリンク