BitTorrentでトレントファイルを作る方法

BitTorrentで共有したいファイルをアップする手順の説明です

トラッカー設定なくともIPアドレスさえ変動しなければ作成したトレントファイルでデータを共有することが可能です。(但しポート開放が出来ていることが条件です)

手順はまずBitTorrentを起動して★アイコンをクリックして下さい。

2010bitdl007

新規トレントを作成からトレントファイルを作ることが出来ます。

トレントファイル作成


スポンサードリンク

共有したいファイルを作成するには、ファイルの追加もしくはディレクトリの追加から共有するコンテンツを選んでトレントファイルを作成します

ファイルの追加トレントファイルの作成

ファイルの追加は一つのファイルを選んで共有するトレントファイルを作成します。

例えばDVDをISOファイルにしてそれを共有したい場合はファイルの追加から次の様に選択します

2010bitdl0010

作成又は保存をクリックすると、マイドキュメントかダウンロードフォルダに作成したトレントファイルが保存されます。

図の様に有効なトラッカーのURLを入力してください。トラッカー無しのまま続けますか?をはいで閉じて下さい。(有効なトラッカーはこのページの続きで説明します)

シードを開始するのオプションにチェックを入れたら即データ送信状態でトレントに追加させることが出来ます。

2010bitdl0011

作成したトレントファイルを共有したい相手に渡して実行してもらえればBitTorrentでファイルを共有出来るようになります

2010bitdl0012

ディレクトリの追加トレントファイルの作成

ディレクトリの追加は共有したいファイルが保存されているフォルダを指定して共有する事が出来ます。DVDをそのまま共有するばあいVIDEO_TSとAUDIO_TSをそのまま指定してDVDをそのまま共有する事も可能です。

2010bitdl0013

トラッカーサーバー

トレントファイルをBitTorrentユーザーと共有する場合トラッカーサーバー情報を公開するトレントファイルに情報を追加する必要があります。

これは動的IPアドレスである一般的なインターネット接続情報をトラッカーサイトから情報を更新したり、新規に接続してくるトレントユーザーにIPアドレスを伝える作業をしてもらいます

トレントファイルにトラッカー情報を入力するには、http://トラッカーサイトURL/announceと言うパス名(URL)を記述する必要があるのですが、トラッカーを借りれるか否かが問題になります

トラッカー情報記述例、URLはサンプルです。

2010bitdl0014

トラッカーを自分で構築する

自宅サーバーでトラッカーを開始する事も可能です。多々し一般的なトラッカー用ポート6969/TCPプロトコルをポート開放する必要があるのとダイナミックドメインを登録する必要があります。YAHOOBBやCATVインターネットはIPアドレスが余り変動しないのでグローバルアドレスでトラッカーを運営も可能だとは思いますが、トラッカーを運営するにはやはりダイナミックドメインがあった方が有利

肝心のホスティングを行うにはBNBT EasyTrackerを使います。導入は非常に簡単です。ダウンロードしてセットアップするだけ。サーバーINIファイルかconfigファイルはデフォルトの状態で運営できると思います。

BNBT EasyTrackerをローカルで起動してみたサンプル。

2010bitdl0015

ローカルで起動しているのでhttp://127.0.0.1:6969/と言うURLになります。これをダイナミックドメインで可動させると、http://ダイナミックドメインURL:6969/がトラッカーとして運営することが出来ます。

BNBT EasyTrackerのデフォルトトラッカーパス名もannounceになるので、ダイナミックドメインで運営擦る場合もhttp://ダイナミックドメインURL:6969/announceとすることでトラッカー運営が可能になります。

トラッカーはちょっと難しいとお考えなら、BitCometクライアントを使って BitComet Trackerを使う手もあります。

BitTorrentトレント使い方一覧


スポンサードリンク