WindowsVISTAとWindows7に予めインストールされている、パソコンの画面を保存することができるツールSnipping Toolのご紹介

WindowsXPの場合タブレットPCならMicrosoft拡張パックから入手できるのですが通常のXPには適用出来ない様子です

WindowsXPの方は無料のWinShotで代替下さい

Snipping Toolの使い方

スタートからアクセサリーを選んでSnipping Toolを起動します

画面キャプチャー

画面が少し白っぽくなってSnipping Toolが起動します。

201007010046

この状態で画面を保存したい場所をドラッグします。

201007010047

Snipping Toolに保存したい画像が表示されます。こちらの状態を保存でよければフロッピーのアイコンをクリックしてマイピクチャにでも保存すれば画像を保存することができます。

201007010048

もし失敗したらキャンセルから新規作成で再度画面を取得することが可能になります。


スポンサードリンク

Windows8/8.1のSnipping Tool

8/8.1もSnipping Toolはあります。ただスタート画面から起動しないと使えない仕組みです。ホーム画面のすべてのアプリ一覧を開きます。ホーム画面の左下の↓矢印アイコンをクリック。

Windows8.1アプリ起動

アプリ一覧の少し右にスワイプすると「Snipping Tool」があるのでここから起動できます。

8.1のSnipping Tool起動

頻繁に使う方は右クリックして「タスクバーにピン留めする」を選択すればデスクトップのタスクバーにショートカットアイコンが作成されそちらから起動できるようになります。

デスクトップにショートカットアイコンを作成する

8/8.1の「Snipping Tool」です。VISTAや7のものと使い方や機能は同じです。

8/8.1のSnipping Toolです


スポンサードリンク