Windows LIVEメールにGoogleのGmaiを送受信できるようにしてみよう。

まずGmail側の設定を変更する必要があります。

ご利用のGmailにログインして右上の設定を開きメール転送と POP/IMAPメニューを開きます

POPダウンロード項目にある二つのメニューどちらかにチェックを入れてメールソフトで使えるように有効化に切り替えます。


スポンサードリンク

  • すべてのメールで POP を有効にする (ダウンロード済みのメールを含む)
    こちらを選択すると今までの受信メールが全部ダウンロードされます
  • 今後受信するメールで POP を有効にする
    こちらを選ぶと新規に受診するメールがメールソフトにダウンロードされます

大量にメールがあるなら後者の設定の方がいいとは思いますが、Gmailをすべてバックアップしておきたい場合は前者のすべてのメールをチェック

2010kagemaru008

設定を変更したら変更を保存をクリックします。

次にGmailの送信サーバと受信サーバを控えます

  • SMTP送信メールサーバ:smtp.gmail.com
  • POP3受信メールサーバ:pop.gmail.com

LIVEメールのアカウントを作成する画面を出します。

Windows LIVEメールの設定を作る画面の出し方

アカウントの画面が表示されたら追加

2010kagemaru0010

アカウントの追加で電子メールアカウントを選んで次へ

2010kagemaru0011

電子メールアカウントを追加するの画面で次の様に設定します。

  • 電子メールアドレス:gmailの電子メールアドレス@含めてすべて入力
  • パスワードはGoogleアカウントのパスワード
  • パスワード保存はチェックいれたままで構いません
  • 表示名は何でも構いません好きな名前を入力(相手に表示されます)
  • 電子メールアカウントのサーバ設定を手動で構成するにチェックを入れてください。
  • 次へ

2010kagemaru0012

電子メールサーバー情報を入力します

  • 受信メールサーバの種類はPOP3です
  • 受信サーバー:pop.gmail.com
  • このサーバはセキュリティで保護された接続SSL認証が必要にチェック
  • ポートは自動的に995に変更となりますが念の為確認ください。
  • ログインに使用する認証はデフォルトで構わないです。
  • ログインIDはそのまま@gmail.comは自動で反映されるのでデフォルトのままで構いません
  • 送信サーバ:smtp.gmail.com
  • このサーバはセキュリティで保護された接続SSL認証が必要にチェック
  • 送信サーバは認証が必要にチェック
  • ポートは25→465に変更してください

次へ

2010kagemaru0013

次の画面は完了画面なので完了を選んで設定完了ですこれでGmailをLIVEメールで送受信することが可能になります

LIVEメールその他の設定


スポンサードリンク